プロペシアの効果と若はげ

MENU

プロペシアの効果と若はげについて

若い年齢なのにも関わらず薄毛や抜け毛といった症状が進行することを若はげと呼び、思春期以降に頭頂部や前頭部のどちらかまたは両方がだんだんと薄くなっていきます。

 

この若はげの治療に効果が高いと言われている方法がプロペシアの服用で、2005年に厚生労働省に認可されてから時間が経過したので、一度は耳にしたことがあるはずです。

 

プロペシアの服用によって5αリダクターゼ(還元酵素)が阻害され、男性ホルモンのテストステロンが薄毛の原因を作り出すジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを防いでくれるため、若はげに効果が高いと考えられております。

 

発毛や育毛を直接的に行うのではなく、短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻してくれるため、新陳代謝が活発な若い世代ほど効果が高いと言われているのかもしれません。

 

薄毛と聞くと多くの方が中高年以上の男性が引き起こす症状だというイメージが強いのですが、10代や20代といった若い年齢で生じることがあり、ボリュームが減ったどころではなく地肌が見えているという典型的な若はげに悩まされるケースもあります。

 

ここまでいくとかなり深刻なレベルだと言えますし、コンプレックスの大きな原因になることは間違いないので、AGA(男性型脱毛症)の治療を促すためにもある程度の効果が得られるプロペシアを服用した方が良いのです。

 

未成年の服用は禁じられているものの、20代といった年齢で引き起こされる若はげにも効果的で、薄毛や抜け毛を「改善」または「現状維持」してくれる医薬品なので是非当サイトでご紹介しているオオサカ堂から購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、これは若はげの治療に限った話ではありませんが、早い年齢から薄毛や抜け毛に悩まされるのは現代病の一つとも考えられており、毎日の生活習慣が大きく影響しております。

 

遺伝による影響も強いため、だらしない生活を送っていたからといって、急激に禿げ上がることはありません。

 

それでも、食生活の乱れや過度のストレスが引き金となり、若はげの原因を作り出している可能性も十分にあるので、効果の高いプロペシアの服用だけに頼るのはおすすめできないのです。

 

プロペシアを服用してジヒドロテストステロン(DHT)が産生されるのを防ぎ、同時に規則正しい生活を送ることで若はげの進行を食い止めることができます。

 

具体的には若はげの対策として、「身体に老廃物や活性酸素を生み出す加工食品を避ける」「成長ホルモンの分泌が減らないように十分な睡眠を取る」「ストレスを解消してリラックスする」という3点を重視してみましょう。