プロペシアの効果と産毛

MENU

プロペシアの効果と産毛について

薄毛の進行を食い止める効果があるということでプロペシアは非常に注目を集めている医薬品の一つで、実際にAGAの治療として数多くの方が服用しております。

 

その効果のあらわれ方は千差万別で、最初は産毛が生える程度だったとしても、だんだんと育毛に繋がるというケースも報告されているのです。

 

毛髪の成長サイクルが一定である以上、プロペシアを服用して直ぐに効果が出るわけではありませんし、実際の効果と見た目の変化には時間差が生じております。

 

それでも、プロペシアには5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)が産生されにくい状態を作ってくれるため、ヘアサイクルが回復して産毛が生え始めるという仕組みです。

 

服用して3ヶ月程度が経つと生え際辺りにだんだんと変化があらわれ始め、4ヶ月から6ヶ月程度の期間が経過すると産毛が太くなって髪の毛の量の変化を実感できると言われております。

 

つまり、日本皮膚科学会が推奨しているプロペシアの服用でも、1週間や2週間といった短い期間ではほぼ確実に効果は出ないので、最低でも6ヶ月程度は飲み続けなければなりません。

 

男性ホルモンの分泌は私たちの体内で常に行われておりますし、それを完全にゼロの状態にするのは不可能ですが、薄毛の予防に一役買ってくれるのは事実なので、オオサカ堂を利用して購入してみるべきです。

 

クレジットカード払いや銀行振込に対応しており、メーカー正規品保証のプロペシアがインターネットで手に入れることができるので是非試してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、実際にプロペシアの服用で産毛が生え始め、だんだんと効果を実感できたとしても、そこから先へと進めない方は多くいらっしゃいます。

 

これは男性ホルモンの産生を抑制しただけでは、目に見える育毛効果を実感するのは難しいということを指しており、飲み薬のプロペシアだけではなく他の育毛剤にも同じことが言えるのです。

 

そこで、医薬品の効能だけに頼って薄毛の改善を図るのではなく、毎日の生活習慣の見直しも同時に行っていきましょう。

 

前頭部は他の部位と比べて皮膚が薄くなっており、血行不良が引き起こされやすい場所だと考えられております。

 

血液の流れが悪ければ髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素が行き渡りにくくなり、直ぐに抜けるような細くて弱い髪の毛ばかりの状態になってしまうのです。

 

運動不足や過度のストレスなど、頭皮の血行不良が引き起こされる原因は人それぞれですが、頭皮マッサージを繰り返していれば血流は少しずつ改善されるかもしれません。

 

目に見えるような効果がなくても、頭皮マッサージで血行不良を改善し、同時にプロペシアを服用していれば産毛の成長だけではなく、より薄毛の改善に繋がるはずです。