プロペシアの効果と頭頂部

MENU

プロペシアの効果と頭頂部について

医薬品のプロペシアは男性型脱毛症の治療に効果が高いということで、頭皮の毛髪が薄くなって地肌が見えるような状態になった時に服用するのが一般的となっております。

 

頭頂部の髪の毛が薄くなる典型的なO型(Vertex U型)というタイプの薄毛にもプロペシアの服用は効果的で、ホルモンの一種のジヒドロテストステロン(DHT)が産生されるのを防いでくれるのです。

 

その結果、細くて短くなり抜けやすくなった髪の毛を育毛でき、短縮されたヘアサイクルを自然に整えてくれるからこそオーソドックスな頭頂部の薄毛の治療にも使われているのかもしれません。

 

実際に、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)は頭頂部付近に多くなっており、これが頭のてっぺんが薄くなりやすい大きな要因だと説明できます。

 

元々人間の頭皮の中でも頭頂部は禿げやすく、更に睡眠不足や食生活の乱れといった生活習慣の乱れが重なり、血液の流れが滞れば抜け毛や薄毛はどんどん進行するでしょう。

 

頭皮の血行不良によって髪の毛に酸素や栄養素が行き渡りにくくなり、健康な毛髪が作られなくなるため抜けやすくなると説明できます。

 

つまり、プロペシアの効果に頼ってジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するのは大事ですが、同時に自分の生活の見直しもきちんと行わなければならないのです。

 

頭頂部だけが薄くなってきても、見てみぬ振りをしたりヘアスタイルで誤魔化したりするかもしれませんが、確実にAGAは進行しているので早めにプロペシアを中心とする対策を練るようにしてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、頭頂部が剥げてきてショックを受ける方は多く、男性としての威厳が損なわれてコンプレックスを抱くケースもあります。

 

しかし、M字ハゲと比べて頭皮全体に施術や効果を与えやすく、改善の見込みが高い状態なので諦めてはいけないのです。

 

抜け毛を抑えるような対策を行い、全体的に髪の毛の量を増やせば頭頂部の薄毛は改善されますし、以前の毛髪の量をキープすることができます。

 

頭頂部や前頭部といった部分に多い酵素がU型5αリダクターゼで、簡単に説明するとこれがジヒドロテストステロン(DHT)を産生し、抜け毛や薄毛の原因を作り出しているのです。

 

プロペシアはU型5αリダクターゼを阻害する効果があるため、直ぐに変化が得られなくても薄毛の進行を食い止めて現状維持する作用は得られます。

 

そして、同時に普段の生活スタイルに気を配ってバランスの良い食生活を送ったり、頭皮の血行を良くしたりというケアを施せば自然と頭頂部の脱毛は改善されていくはずです。

 

効果があると理解できればモチベーションを上げやすいので、プロペシアを服用してから髪の毛の量が気になっている頭頂部を撮影して記録するのも良いかもしれません。