プロペシアと豆乳

MENU

プロペシアと豆乳について

科学的に証明されているような文献は特にないものの、育毛に効果的な飲み物の一つが豆乳ということで、AGA(男性型脱毛症)の治療をしている方が毎日の生活に取り入れる価値は十分にあります。

 

プロペシアの服用だけでも抜け毛を抑える力はきちんと兼ね備えておりますし、長期的に服用していればAGA(男性型脱毛症)の治療に繋がるはずです。

 

しかし、不規則な食生活といった生活習慣の乱れが生じていると、プロペシアの効果を最大限に活かせなくなるということで、栄養素のバランスに注意するためにも豆乳を飲んだ方が良いと言えます。

 

その大きな理由は豆乳の中に良質なタンパク質と必須アミノ酸が含まれているからで、どちらの栄養素も抜けにくい髪の毛を作るために欠かせないのです。

 

いくらプロペシアといった薬の力で抜け毛を抑えていたとしても、弱々しい髪の毛ばかりが育ってしまっては意味がないので豆乳でこの栄養分をカバーするのが良いかもしれません。

 

それに、髪の毛に吸着して高い保水力を持ち合わせているアスパラギン酸やグルタミン酸という栄養分も豆乳の中には含まれており、頭皮と髪の毛の両方にツヤを与えてくれます。

 

しかも、角質の水分量を増やして保湿力を強めるヒアルロン酸やコラーゲンのサポートを行う力も、大豆を水に浸してすり潰した豆乳は持ち合わせているのです。

 

身体を冷やす作用があり、冷え性が悪化したり血行不良が引き起こされたりするので、育毛に効果的だからといって豆乳の過剰摂取だけは十分に注意した方が良いでしょう。

 

それでも、毎日適量の豆乳を飲むように心掛けていれば、プロペシアの服用だけによる予防よりも大きな効果を得られることは間違いないはずです。

 

また、女性の方はプロペシアの中に含まれているフィナステリドが身体に悪影響を与えるということで、妊娠中の女性は特に服用を禁じられております。

 

女性も男性と同じように抜け毛や薄毛で悩まされることは十分にあるので、医薬品の服用に頼るのではなく豆乳を飲むように心掛けるべきです。

 

これは有名な話かもしれませんが、豆乳の中には女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれており、毛乳頭細胞に作用してヘアサイクルを正常な状態で保ってくれます。

 

女性の場合はホルモンバランスの乱れによって抜け毛が加速していることも十分に考えられるので、豆乳でそのバランスを整えるケアを行ってみてください。


 

「プロペシアとの食べ合わせ」に関するページ