プロペシアとの食べ合わせ

MENU

プロペシアとの食べ合わせについて

プロペシアとの食べ合わせで何か注意しなければならない点があるのか、疑問を抱いている男性の方は多いかもしれません。

 

確かに、普段から摂取している食べ物でプロペシアの働きを阻害するものがあれば、AGA(男性型脱毛症)の治療の妨げになると考えるはずなので、食べ合わせに気を配るのは不思議ではないと説明できます。

 

しかし、プロペシアを製造しているMSDのホームページでは、プロペシアの服用における薬物相互作用はないと記載されており、これは経口摂取する食べ物や飲み物でも一緒です。

 

他の医薬品との併用が可能だと言われているのにも関わらず、食べ物との食べ合わせで効能が薄れるということは絶対にないでしょう。

 

風邪薬や頭痛薬といった医薬品と一緒に服用したとしても問題はありませんし、一緒に食べてはいけない食べ物も特に設定されていないということで、プロペシアは使い方が難しい医薬品ではないことがお分かり頂けるはずです。

 

1日に1錠を毎日なるべく決まった時間に服用するという点に注意していれば、その他の要素で気を配るべきポイントはないため、AGA(男性型脱毛症)の治療として毎日の生活の中に取り入れやすいというメリットがあります。

 

既に持病を持っていて何かしらの医薬品を服用している方は、念のために医師の処方によってプロペシアを手に入れた方が良いものの、そうではないという方はオオサカ堂の利用が実におすすめです。

 

病院での処方は初診料を含めて10,000円程度はかかるものの、オオサカ堂であれば1ヶ月約5,500円という料金で済むので、公式サイトから購入の手続きを行ってください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアを販売しているMSDでは、プロペシアに併用禁忌薬があるのかどうか確かめるために、オメプラゾールと併用した際の試験者への影響を調べました。

 

その結果、薬物相互作用が見つからなかったという結果が出ましたし、他剤との併用に関しても海外の試験で問題ないことが分かったのです。

 

併用禁忌薬が存在しないということは食べ合わせで注意しなければならないポイントもないと説明できますし、プロペシアを使って抜け毛の予防をしながら今まで通りの生活を送ることができます。

 

ただし、プロペシアに限った話ではなく全ての医薬品に言えることですが、アルコール飲料と一緒に服用するのはできる限り避けた方が良いかもしれません。

 

錠剤は胃に負担がかからない水や白湯といった飲み物で摂取するのがベストですし、お酒を飲みたい場合はなるべくプロペシアの服用時間とずらすべきです。


 

「プロペシアとの食べ合わせ」に関するページ