プロペシアとフィナステリド

MENU

プロペシアとフィナステリドの違いについて

「プロペシアとフィナステリドにはどのような違いがあるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

そもそも、この2つの薬剤に違いが生じているわけではなく、プロペシアの中に含まれている成分がフィナステリドなのです。

 

フィナステリドと呼ばれる合成成分は、元々前立腺肥大症の薬としてアメリカのFDA(米国食品医薬品局)に認可されておりました。

 

その副作用として発毛を促すことが解明され、現在ではプロペシアとしてAGA(男性型脱毛症)の治療に役立っております。

 

フィナステリドが配合されていなければプロペシアとは言えないですし、抜け毛を抑制する効果も得られないということで、どちらの方が効果的なのかという比較は成り立たないというわけです。

 

飲む育毛剤としてフィナステリドが含まれた医薬品はプロペシアだけではなく、フィンペシアやフィンカー、エフペシアといったジェネリック医薬品が存在します。

 

他の国の工場で製造されたというだけで、どの医薬品にもフィナステリドが含まれており、効果に大きな違いはないのが特徴です。

 

しかも、どのジェネリック医薬品も先発医薬品のプロペシアと比較して、圧倒的に安い価格で手に入れられるところが最大の利点かもしれません。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療を行うに当たってのコストを削減できるのはありがたいですし、インターネットを通じて個人輸入代行業者を利用できるところも素晴らしいと説明できます。

 

このサイトでは信頼できる業者の一つであるオオサカ堂をご紹介しており、フィナステリドが含まれたプロペシアもジェネリック医薬品も格安の料金で入手できるので、抜け毛や薄毛で悩む方は是非利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


プロペシアの中のフィナステリドの含有量について

プロペシアの中のフィナステリドの含有量はあらかじめ決められており、1mgと0.2mgの2種類が存在します。

 

病院で処方される場合は個人の症状に合わせて医師が選択する形となり、個人輸入代行業者を利用して手に入れる場合は個人の判断に任せるというわけです。

 

フィナステリドの含有量が多いほど抜け毛の予防効果が得られるということで、薄毛の症状が進行している方は1mgのプロペシアを服用した方が良いかもしれません。

 

含有量の差によって副作用が引き起こされる確率が5倍に跳ね上がるわけではありませんし、1日に1錠という用法と用量をきちんと守っていれば身体に負担がかかることもないと説明できます。

 

「錠剤を割って服用してはいけない」「女性はプロペシアを服用してはいけない」「肝機能障害のある方は医師に相談しなければならない」という注意点があるので、不安方はきちんと病院で処方してもらうようにしてください。


 

「プロペシアと他の成分」に関するページ