プロペシアとエストロゲン

MENU

プロペシアとエストロゲンについて

医薬品のプロペシアと女性ホルモンのエストロゲンには、何かしらの関係性があるのか疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

それは、海外でプロペシアを長期間に渡って服用した男性がだんだんと身体が女性っぽくなったという報告があったからで、エストロゲンを増やす作用があるのではないかと懸念されているのです。

 

実際に、企業家のウィリアム・マッキーさんはAGA(男性型脱毛症)の治療のためにプロペシアを服用し、女性ホルモンが増えて筋肉質だった身体や胸板が柔らかくなったと報告しました。

 

しかし、基本的にはプロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害し、男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換するのを防ぐ作用しかないので、女性ホルモンのエストロゲンを増やす作用はありません。

 

エストロゲン様作用や抗エストロゲン作用は認められておらず、これはマウスやラットを使用した実験でも証明されております。

 

女性らしい身体になったというウィリアム・マッキーさんはプロペシアの服用ではなく、他の影響で引き起こされたと考えるのが普通です。

 

もちろん、男性でも体内に女性ホルモンを持ち合わせているため、男性ホルモンが抑制されて女性らしい身体になるのは不思議な話ではないと説明できます。

 

それでも、用法と用量を守って服用していればこのような弊害はありませんし、その他の副作用で苦しむ心配もないはずです。

 

当サイトでは安い価格でプロペシアを販売しているオオサカ堂をご紹介しており、実に多くの方がAGA(男性型脱毛症)の治療のために活用しております。

 

1箱28錠が約5,500円で販売されており、病院での処方は約10,000円となっているので、是非オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアの服用によって副作用が発現する確率は、臨床検査値異常変動を含めて約4%程度だという結果が出ました。

 

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、エストロゲンが増加することはありませんし、用法と用量を守っていれば安全に抜け毛を抑制することができます。

 

AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気ということで、単純に髪の毛を増やす対策ではなく、抜け毛のスピードを遅くするような処置も必要となります。

 

そのためにはプロペシアの利用が手っ取り早いですし、現在では個人輸入代行業者を利用して気軽にインターネットで入手できるので、比較的試しやすい対策だと言えるのではないでしょうか。

 

医薬品とは言え、髪の毛の発毛サイクルが正常になるまでにある程度の時間がかかりますし、直ぐに変化が生じるわけではないので、最低でも半年間はプロペシアを飲み続けてください。


 

「プロペシアと他の成分」に関するページ