プロペシアと亜鉛

MENU

プロペシアと亜鉛について

髪の毛を伸ばすために必要な栄養素として亜鉛が挙げられ、毛髪を生成しているタンパク質の一種であるケラチンに必要だからだと考えられております。

 

牡蠣やレバーといった食べ物の中に亜鉛は含まれておりますが、足りなくなると薄毛が引き起こされやすくなるということで、サプリメントに頼っている方は意外と多いはずです。

 

そして、薄毛の症状が進行してきて食い止めるためにプロペシアを服用し、亜鉛が含まれるサプリメントと併用して良いのかどうか疑問を抱えるかもしれません。

 

基本的にプロペシアは他の医薬品との飲み合わせが可能となっており、亜鉛が含まれたサプリメントは健康食品ということで、併用することでの弊害は一切ないのです。

 

亜鉛はケラチンに必要な栄養素というだけではなく、男性ホルモンの働きを抑制する力まで持っているということで、プロペシアだけでは不安な方は同時に健康食品の摂取もおすすめします。

 

亜鉛のサプリメントはそこまで高額ではありませんし、不規則な食生活を送っている方は栄養不足で髪の毛に行き渡る栄養素が足りなくなり、脱毛の原因となることも多いので積極的に取り入れた方が良いというわけです。

 

医薬品と同じような効果を得られるわけではないものの、生きていくためには欠かせない栄養素なので、サプリメントを摂取して意味がないということは絶対にないでしょう。

 

医薬品のプロペシアに関しては、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂から入手できます。

 

病院で処方してもらうよりも圧倒的に安いですし、信頼できる業者の一つということで是非オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、上記ではプロペシアと亜鉛の併用は身体にとって問題ないと説明致しましたが、過剰摂取となるかもしれないので十分に注意しなければなりません。

 

既に自分の食生活の中で亜鉛をきちんと摂取していた場合、サプリメントで量を増やすことで過剰摂取に繋がります。

 

亜鉛は髪の毛を構成する栄養素として欠かせないと同時に、あまりにも体内で増えすぎると銅や鉄分といった他のミネラル分の不足に繋がるのです。

 

銅が体内から不足すれば脱毛の原因に繋がりますし、亜鉛の過剰摂取によって下痢や嘔吐、貧血やめまいといった副作用が報告されているので、摂取量を守るのが最低条件です。

 

1日に必要な亜鉛の量は7mgとされており、厚生労働省では3mg〜15mgの間で留めておくことを推奨しているので、むやみやたらにサプリメントを飲まないように注意してください。


 

「プロペシアと他の成分」に関するページ