プロペシアと他の成分

MENU

プロペシアの成分について

AGA(男性型脱毛症)の治療に使われ、今や物凄い人気を誇っている内服薬のプロペシアの中には、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれております。

 

この成分が酵素に働きかけて脱毛ホルモンを産生しにくくしてくれるため、プロペシアの服用によって育毛効果を高められるという仕組みです。

 

厚生労働省に認可されてから密かに市場を拡大しているという特徴があり、現在の売り上げは年間で110億円にも達しました。

 

これだけの方が薄毛の治療としてプロペシアを取り入れていることになり、効果に個人差はあるとしても約98%の方が現状維持できていると訴えているので、使用する方が減らないのかもしれません。

 

もちろん、この数値は日本だけではなく世界60ヶ国全体の話となっており、アメリカのメルク社が新薬の開発を行ってから数年後の2005年の12月にクリニックでの処方の許可がおりたのです。

 

どのクリニックで処方されるプロペシアの中にも有効成分は含まれており、1日に1錠という用量を守って服用するだけで身体の内側からしっかりと働きかけてくれます。

 

フィナステリドが直接的に髪の毛に働きかけてフサフサにするような効能はなかったとしても、薄毛の進行を食い止めてくれるだけでコンプレックスを抱えている方にとってはありがたいのです。

 

病院での処方は費用が高くて毎日続けられないと感じている方でも、このサイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば安い料金で購入できます。

 

クリニックで処方されているプロペシアと何ら変わりない医薬品なので、オオサカ堂で購入して薄毛の治療に役立ててみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、AGA(男性型脱毛症)の前兆だと考えられている症状がまだ成長していない髪の毛の抜け毛で、成長しきった後なのか成長する前なのか自分で確かめることはできないかもしれません。

 

しかし、生え際から薄毛が進行して頭皮が少しずつ見えているような状態であればAGAと言っても過言ではないため、有効成分のフィナステリドが含まれたプロペシアといった医薬品で対応するべきです。

 

他にも、血管拡張剤として開発された成分のミノキシジルが含まれた育毛剤もAGAの治療として推奨されており、既に多くの方が使用しております。

 

頭髪が薄くなるこの症状に悩まされている方は全国で1,260万人程度いると考えられており、潜在的な患者を含めるともっと多くなるのではないでしょうか。

 

何も対策しなければ薄毛の症状は日に日に進行していくので、プロペシアの服用に限らず何かしらの対策を練るべきです。


 

「プロペシアと他の成分」に関するページ