プロペシアの効果と酒

MENU

プロペシアの効果と酒について

酒

日常的にお酒を楽しんでいる方は、薄毛の予防としてプロペシアの服用を考える際に、効果が薄くなったり副作用が酷くなったりしないかどうか不安になるはずです。

 

基本的に、お酒を飲んで体内にアルコールを取り入れたとしても、プロペシアとの飲み合わせには相互作用が無く、危険性が高まるといったデータは出ておりません。

 

とは言え、プロペシアといった医薬品は平常状態での安全性が確立されていたとしても、飲酒による個人的な体調の変化にはデータが少ないという特徴があります。

 

お酒を飲んで体内の血圧が上昇し、アルコールを体内で分解するために肝臓へ大きな負担が加わり、肝機能障害へと発展するケースはゼロだとは言えないのです。

 

実際に、プロペシアの副作用の中には肝機能障害という項目があり、お酒と一緒に飲むことで効果が薄まるどころか身体に害が生じる可能性があります。

 

それに、プロペシアの中に含まれている有効成分がお酒による血圧の上昇によって体内を急激に循環することもあるでしょう。

 

以上のように、相互作用がなく効果には変化がないと言われていたとしても、プロペシアとお酒を一緒に飲むような真似は絶対に避けた方が良いのです。

 

もし大量にお酒を飲んだ場合、肝臓で分解できないくらいのアルコールによって機能低下を引き起こし、男性障害を中心とする副作用の発症のリスクが高まります。

 

プロペシアはアルコールと同じように肝臓で代謝を行っているため、大量にお酒を飲むことで過度の負担がかかり病気を引き起こす原因となるかもしれないので、十分に注意しなければならないというわけです。

 

  • 中瓶のビール1本〜2本(500ml〜1,000ml)
  • 1合〜2合の日本酒(180ml〜360ml)
  • 1.2合の焼酎(220ml)
  • 1.5缶のチューハイ(520ml)
  • 4分の1本のワイン(180ml)
  • ブル1杯のウイスキー(60ml)

 

上記程度のお酒であれば、プロペシアの服用と時間を空けていれば肝臓に大きな負担がかからないと考えられております。

 

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、お酒の飲みすぎにだけ注意していればプロペシアを服用していても効果が下がることはなく、肝臓の病気を引き起こすこともないはずです。

 

とは言え、基本的に薄毛の改善のためにはプロペシアを毎日服用しなければなりませんし、少量のアルコールでも毎日飲み続ければ何かしらの悪影響が引き起こされるかもしれません。

 

そのため、1週間に1日や2日はお酒を飲まない休肝日を設け、肝臓に負担がかからないような対処を続けるべきです。

 

このサイトでご紹介している輸入代行業者のオオサカ堂であれば、半額以下の値段で正規品のプロペシアを入手できるので、是非利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら