プロペシアを個人輸入で

MENU

プロペシアを個人輸入で手に入れるのは危険なの?

「プロペシアを個人輸入で手に入れるのは危険」という噂が飛び交っており、病院で処方してもらう方が安全だと考えている方はいらっしゃいます。

 

個人輸入とは代行業者を通じて海外で開発された医薬品を通販で購入できるシステムのことを指しており、医師の処方箋がなくても誰でもプロペシアを手に入れられるのです。

 

健康保険が適用されないため病院での購入は高いですし、薄毛のためにわざわざ通院しなければならないということで、個人輸入代行業者を利用してプロペシアを手に入れている方は少なくありません。

 

インターネットで注文を確定させれば数日後には自宅に届けられるはずですし、直ぐに薄毛の治療を開始できるということで便利な時代となりました。

 

自分で海外のサイトへとアクセスし、医薬品を購入するのは言語の問題もあって難しいのですが、個人輸入代行業者を利用すればその手間を省くことができます。

 

海外で製造されている医薬品でもプロペシアであることには変わりないですし、含まれている成分も同じなので危険ということは絶対にないのです。

 

しかし、個人輸入代行業者の中には偽物や粗悪品を使っているケースがあり、他の製品が自宅に届けられるリスクがあるということで危険だと言われているのではないでしょうか。

 

確かに、最悪の場合はお金を振り込んだのにも関わらず商品自体が届かないケースもゼロではないため、個人輸入代行業者を利用する場合は信頼できるところを選ぶ必要があります。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂は、個人輸入代行業者の中で最も信頼ができるので、危険が伴うことは絶対にありません。

 

既に多くの方がオオサカ堂でプロペシアを購入しており、有効成分が間違いなく入っている証明書もきちんと確認できるので是非一度注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


プロペシアの個人輸入は違法なのでは?

「プロペシアの個人輸入は違法なのでは?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、インターネットで注文をしたとしても日本では販売されていないプロペシアを手に入れることになるため、販売している個人輸入代行業者も自分も薬事法にひっかかるのではという不安はあるはずです。

 

しかし、個人輸入は代行業者が海外から仕入れたものを日本に輸入する形をとっているため違法ではありませんし、個人が海外のメーカーから直接プロペシアを購入するのは難しいため、その作業を業者が代わりに行ってくれます。

 

病院の処方によってプロペシアを手に入れる場合、大よそ1錠当たりの単価は250円なので1年間で12万円という費用が必要ですが、上記でご紹介した個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば1年間で約72,000円で済むのです。

 

圧倒的に安い費用で抜け毛や薄毛の対策を行っていくことができますし、プロペシアの入手自体は違法ではないので利用する方が増えているのではないでしょうか。

 

個人輸入自体を国で認めているため、違法となることは絶対にないものの、購入者のみが扱わなければならない規定があり、プロペシアを他人に売買したり譲渡したりはできないので注意が必要です。


 

「プロペシアの入手方法」に関するページ