プロペシアを皮膚科で

MENU

プロペシアを皮膚科で処方してもらおう

プロペシアは薄毛外来を実施している専門のクリニックだけではなく、皮膚科でも取り扱っているので受診して診察を受ければ処方してもらうことができます。

 

診察といっても病気ではないため簡単な問診程度ですし、プロペシアは健康食品ではなく医薬品なので、服用の際の注意点をきちんと患者さんに伝えなければならないのです。

 

その飲み方を間違えずにプロペシアを服用していれば、抜け毛を抑えられるのでAGA(男性型脱毛症)の治療に繋がります。

 

それに、抜け毛や薄毛を予防する際の日常生活での注意点について医師からアドバイスを受けられるのも、皮膚科で処方してもらう大きなメリットかもしれません。

 

ただ医薬品を服用していればそれだけで安心というわけではなく、日々の生活の中で薄毛の症状が悪化しないような対策を練ることは大事なのです。

 

別の病気を患っている方や他の薬を服用している方でもプロペシアを使った治療は行えますが、念のために皮膚科の医師に伝えておく必要があります。

 

体内に取り入れたプロペシアは肝臓で代謝されるため、肝機能障害のある患者さんは注意しなければならないのです。

 

自分では大丈夫と思っていても、プロペシアの副作用の一つとして肝機能障害が添付文書で記載されているため、専門医に確認しておいた方が良いでしょう。


皮膚科でかかるプロペシアの費用について

皮膚科でかかるプロペシアの費用は病院によって異なるため、一概に説明することはできません。

 

保険の適用されない医薬品なので、病院の独自の判断で費用を設定することが可能となっており、これが皮膚科によってプロペシアの料金が異なる大きな理由です。

 

とは言え、相場よりも異常に高い費用で販売している皮膚科はほとんどなく、プロペシア1錠で約250円という目安があるため、7,500円〜8,000円程度となっております。

 

ただし、初めて受診する場合は初診料が必要となるため、プロペシアの処方と合わせて10,000円程度は必要だと心得ておくべきです。

 

とは言え、ある程度年齢を重ねた中高年の男性であればまだしも、20代や30代という年齢で皮膚科を受診し、プロペシアを処方してもらうのが恥ずかしいと感じている方はいらっしゃるでしょう。

 

確かに、薄毛の悩みは深くコンプレックスになり得る要因ということで、恥ずかしいと感じる気持ちは大いに理解できます。

 

そこで、病院を受診せずに個人輸入代行業者を利用するのがおすすめで、当サイトでは信頼できるオオサカ堂をご紹介しており、1箱約5,500円と皮膚科よりも圧倒的に安くなっているのです。

 

海外版のプロペシアでも含まれている成分に違いはないので、是非オオサカ堂を利用して手に入れてみてください。


 

「プロペシアの入手方法」に関するページ