プロペシアを病院で

MENU

プロペシアを病院で処方してもらおう

国内のプロペシアは病院で処方してもらわなければ手に入れることができず、ドラッグストアといった市販では販売されていないという特徴があります。

 

どの店舗でも一緒でプロペシアは医師の処方箋がなければ手に入れられないと決まっているので、薬局では入手できないというわけです。

 

「飲む育毛剤のために病院へ行くのが恥ずかしい」「病気でもないのに病院へ行って処方してもらわなければならないのは面倒」という意見が飛び交っているものの、法律で決められたルールなので仕方ありません。

 

とは言え、病院でプロペシアを処方してもらう際に念入りな検査が行われることはありませんし、診察時間はかなり短くなっております。

 

基本的に皮膚科や大きな大学病院といった場所でプロペシアを処方してもらうことができ、海外の製品を購入するよりも圧倒的に信頼感が高いというところが大きなメリットです。

 

町の皮膚科であればプロペシア1ヶ月当たり10,000円程度となっており、発毛専門のクリニックで処方してもらう場合は20,000円から30,000円といった費用が相場なので、個人輸入代行業者の利用と比べると圧倒的に高くなっております。

 

それでも、病院で医師から処方されれば100%正規品のプロペシアが手に入りますし、薄毛の治療に関してのアドバイスも頂けるので、性格的に自分が心配症ならば病院を利用した方が良いでしょう。

 

それに、プロペシアだけで完全に薄毛の治療を行うのは意外と難しく、今後どのようにAGAが進行していくのか自分自身できちんと把握しておく必要があります。

 

病院で血液採取を行えば遺伝子レベルでハゲやすいかどうか調べてくれますし、高い治療費はかからないので東京に住んでいる方は以下のクリニックを受診してみてください(プロペシアを取り扱っている全ての病院ではありません)。

 

 

  • 港区・・・新橋駅前クリニック、城山ヒルズクリニック
  • 新宿区・・・新宿駅前クリニック、新宿ウエストクリニック
  • 豊島区・・・西池袋メンズクリニック、アイルクリニック池袋院
  • 品川区・・・五反田駅前クリニック、ThinkPark皮膚科クリニック
  • 渋谷区・・・恵比寿ガーデンプレイスクリニック、広尾タワークリニック

 

 

このような病院でプロペシアを処方してもらえるものの、費用の面で不安を感じているのであれば、安い料金で取り扱っている個人輸入代行業者を利用するべきです。

 

粗悪品が届けられるというデメリットはありますが、これは悪質な業者に依頼した場合のみなので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂であれば信頼できます。

 

代理店を通すので中間マージンが発生するものの、オオサカ堂で取り扱っているアメリカ版のプロペシアは1ヵ月分で約5,500円と病院で手に入れるよりも圧倒的に安いのです。

 

お財布に負担がかかることなく、薄毛を改善していくことができるので、インターネットから注文を確定させてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアの入手方法」に関するページ