プロペシアをバンコクで

MENU

プロペシアをバンコクで手に入れよう

日本の病院でプロペシアを処方してもらうのではなく、バンコクで販売されている医薬品でAGA(男性型脱毛症)の治療を行うのは選択肢の一つとなっております。

 

もちろん、自分でバンコクまで出向いて医薬品を手に入れるわけではなく、個人輸入代行業者を利用してバンコク版のプロペシアを入手するというわけです。

 

いちいち飛行機で海外にまで出向き、医薬品を購入するのはハッキリと言って馬鹿らしいですし、往復の航空券だけでも薄毛の治療にかかる費用を超えてしまいます。

 

しかも、悪質な使われ方がなされないように、プロペシアといった医薬品を1年分まとめて購入することはできず、わざわざその度にバンコクへと出向く意味は全くありません。

 

しかし、個人輸入代行業者であれば海外のメーカーから医薬品を仕入れ、それを安い価格で提供してくれるので、バンコク版のプロペシアを手に入れることも可能となっております。

 

正確にはプロペシアではなくジェネリック医薬品の「フィライド」で、タイのバンコクにある「Siam Bheasach Co., Ltd」から提供されているのです。

 

医薬品の名前が異なるので不安になる方はいらっしゃいますが、ジェネリック医薬品は有効性や安全性が実証された新薬と同等の効果があり、先発医薬品と同じ成分となっております。

 

つまり、バンコクで製造された「フィライド」はプロペシアのジェネリックなので、きちんとフィナステリドがこの中には含まれており、AGA(男性型脱毛症)の治療に役立てられるでしょう。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂では、タイのバンコクで製造された「フィライド」を取り扱っており、1箱30錠で2,400円という安い価格で販売されているので是非購入してみてください。

 

 

 

 

さて、上記でご紹介した「フィライド」がいくらプロペシアのジェネリック医薬品だとしても、バンコクで製造されているということで不安を抱く方はいらっしゃいます。

 

しかし、数ある医療分野の中でもタイは世界的に見て美容や育毛といった分野に長けており、医療を目的として海外に移動する医療ツーリズムを大きく進めているところも大きな特徴です。

 

医療技術と医療サービスは欧米にも勝るとも劣らないほどハイレベルとなっており、そんなタイで製造された医薬品を安心して服用できることは少し考えればお分かり頂けるかもしれません。

 

どのメーカーで製造された医薬品でも、本来のプロペシアと同じ成分が含まれていることには違いないので、少しでも安い費用で手に入れたいのであれば個人輸入代行業者を利用するのが良いのです。

 

日本の病院でプロペシアを処方してもらうとなると、初診料も含めて10,000円を超えるケースもありますが、「フィライド」であればその4分の1程度で済むのでインターネットを利用して注文してみましょう。


 

「プロペシアの入手方法」に関するページ