プロペシアの入手方法

MENU

プロペシアの入手方法について

AGA(男性型脱毛症)の治療としてプロペシアの服用を考えている方は多く、どのように入手すれば良いのか分からないかもしれません。

 

このプロペシアは薬局といった場所では販売されていないため、基本的には医療機関を受診して処方してもらう形となっております。

 

医師が処方しなければならない処方箋にプロペシアは指定されており、ほとんどの皮膚科で取り扱っているはずなので診察を受けて入手しなければならないというわけです。

 

もちろん、AGAの治療を専門にしているクリニックや薄毛外来を開いている病院でも入手でき、どちらにしても保険が適用されないので自費で支払う必要があります。

 

北海道のイワタクリニックでは28錠で7,000円、東京の新橋駅前クリニックでは28錠で6,800円、大阪の聖心美容外科では28錠で10,000円と差が開いているものの、1錠当たり250円というのが大まかな目安です。

 

プロペシアはどこで入手しても1日当たり1錠と決められているので、計算上は1ヶ月で7,500円となり、手軽に行えるAGAの治療だと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、1ヶ月や2ヶ月程度服用すれば良いわけではなく、ある程度長い期間に渡って続けていかなければ大きな効果は得られないので、それなりの費用がかかることを覚悟しておくべきです。

 

また、いちいち病院を受診しなければならないということで、面倒だと感じている方は少なからずいらっしゃいます。

 

そこで近年になって主流となっているプロペシアの入手方法が個人輸入代行業者の利用で、海外からプロペシアを入手して個人用として医師の処方箋なくして手に入れられるのです。

 

このサイトでご紹介しているオオサカ堂は個人輸入業者の一つとなっており、28錠で約5,500円と非常にお手頃な値段となっているので是非注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、現在ではプロペシア以外にもミノキシジルタブレットも個人輸入代行業者を利用して入手できるようになり、わざわざクリニックまで足を運ばなくても良いということで便利な時代になりました。

 

病院によって異なるものの、基本的に1回の処方で1ヵ月分のプロペシアしか入手できないため、最低でも毎月1回は病院に行かなければならないのです。

 

その手間を省けるのは非常にありがたいことですし、更にかかる費用が安くなるということで、至れり尽くせりなのではないでしょうか。

 

海外製の医薬品でも薄毛の進行を食い止めてくれるフィナステリドが含まれている点では一緒ですし、その他に有害な成分が配合されていることは絶対にないので、安心してAGAの治療に役立ててみてください。


 

「プロペシアの入手方法」に関するページ