プロペシアを飲むタイミング

MENU

プロペシアを摂取するタイミングについて

プロペシアを摂取するタイミングは特に決められていないため、自分の好きな時間帯に飲み続けることができますし、1日に1錠という分量を毎日守っていれば問題はないのです。

 

他の医薬品とは異なり、プロペシアは長い期間に渡って服用をすることで何かしらの変化が引き起こされるものなので、自分が続けやすいタイミングで摂取するのが一番だと言えます。

 

次第に効果があらわれる医薬品なので飲み忘れを避けなければならず、「毎日夕飯の後に摂取する」「毎日寝る前に服用する」と好きなタイミングを決めるのがベストです。

 

服用を忘れてしまう忙しい時間帯を避けてプロペシアを摂取していれば、毎日の生活に溶け込ませること自体は難しいわけではありません。

 

とは言え、プロペシアの中に含まれているフィナステリドという成分は、24時間後に体内から薄れていく特徴があるため、24時間周期で摂取するのが望ましいと考えられております。

 

前日の就寝前に服用して次の日の朝に飲むと8時間程度しか経っていない計算となりますし、前日の昼に服用して翌日の就寝前に飲んだ場合は30時間以上が経過してしまうので、毎日同じタイミングで飲み続けるのは理に適っているのです。

 

プロペシアの服用ペースを速めたからといって、薄毛改善効果を上げられるとは限らないので、服用間隔を24時間に設定して自分なりにタイミングを決めましょう。

 

気分が落ち着く方は就寝前に飲み続けるのが良いですし、仕事の終わりにお酒を楽しむ方であれば、朝食後の服用を続けるのが一番です。

 

自毛植毛といったクリニックの治療のような高い費用がかからないとしても、長期的に続ければそれなりに出費は増えていくので、少しでも効果を高められるような対策を練ってください。


プロペシアをやめるタイミングについて

プロペシアをやめるタイミングが分からないということで悩んでいる男性はおり、これは個人によって異なるので何とも言えない内容だと説明できます。

 

理論的には生きている間は男性ホルモンは分泌され続け、AGAのリスクが高まったとしても発育や健康維持にも欠かせない存在ということで、プロペシアは一生飲み続けなければならないのです。

 

例えば、服用して1年間が経過して抜け毛が減って薄毛の進行を食い止めることができたとしても、その後に飲むのをやめれば少しずつ時間をかけて元の状態に戻ってしまいます。

 

しかし、これは理屈や理論上の話で、死ぬまで永久に飲み続けなければならないわけではなく、個人の考え方によってはやめるタイミングは少なからずあるはずです。

 

個人の価値観によっても大きく異なり、30代や40代といった若い年齢でハゲが進行するのを恐れていたとしても、年相応と言われる年代になればそこまで薄毛が気にならなくなるかもしれません。

 

そういった気持ちになった時がプロペシアをやめるタイミングで、その年齢まで薄毛の進行を食い止められるだけでもありがたいことだと説明できます。

 

一生飲み続けるにしても、途中でやめるとしても決まった服用方法はないので、自分にとってのベストな方法を今一度考え直してみてください。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ