食後のプロペシア

MENU

食後のプロペシアについて

「プロペシアは食前に飲むのが良い」「プロペシアを服用するのは食後に限る」と色々な意見が飛び交っておりますが、これは全て個人の自由となっております。

 

食前にしても食後にしても毎日続けることをきちんと心掛けていれば、どの時間帯にプロペシアを服用しても良いのです。

 

プロペシアの服用は1日に1回と定められており、それを長い期間に渡って続けていくことで薄毛改善の大きなサポートとなります。

 

行為の1時間前に服用するのが良いと決まっているバイアグラとは異なり、プロペシアに関しては就寝前でも食後でも自分の中で自由に決められるのです。

 

とは言え、24時間周期で飲み続けていくのが最も効果的だと考えられているので、飲み忘れを防ぐためにも同じ時間に飲む習慣を身に付けた方が良いかもしれません。

 

「食後の一服の時にプロペシアを服用する」「就寝前にお水と一緒にプロペシアを飲む」と事前に自分の中でのルールを決めておけば、自然と生活の中に馴染ませられます。

 

食前でも食後でもプロペシアの服用によって得られる効果は決まっているので、飲む時間帯に関して神経質にならなくても良いのです。

 

プロペシアを手に入れられるのは医療機関だけではなく、現在では海外から個人輸入することも可能で、その代行を行っているオオサカ堂で購入できます。

 

医療機関で入手するよりも安く、1ヵ月分のプロペシアが大よそ5,500円となっており、2箱や3箱をまとめ買いすればもっと価格は安くなるので是非一度注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアだけで薄毛の治療を行うのではなく、他の育毛剤との使用も十分に可能となっております。

 

既に薄毛の症状が進行している方は、プロペシアを服用しても現状維持効果しか見られない可能性があるので、同時に発毛効果を得るために育毛剤を使っているというわけです。

 

育毛剤もプロペシアと同じように使用するべき時間帯は特に決まっていないため、食後でも就寝前でも十分に可能となっております。

 

両方を併用していくのであれば忘れないためにも同時に使用するのがベストで、夜寝る前にプロペシアを服用し、その次に育毛剤を使ってから眠りにつくという方が多いようです。

 

根気良く続けていけば何かしらの変化は得られるはずですし、諦めずに髪の毛が成長するのを待つようにしましょう。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ