プロペシアの摂取量

MENU

プロペシアの摂取量について

医薬品は正しい飲み方を続けなければ本来の効果を得ることができず、薄毛の治療で使われているプロペシアも一緒で、摂取量をきちんと守る必要があります。

 

プロペシアの1日の摂取量は錠剤1粒とあらかじめ決められており、これは0.2mgでも1.0mgの製品でも一緒です。

 

病院で最初に処方されるプロペシアは基本的に0.2mgとなっており、1日の限度量が1mgということで必要に応じて発毛効果の高い1.0mgのプロペシアが処方されます。

 

0.2mgのプロペシアは量が少ないため、大きな効果が得られないというデメリットがあるものの、肝臓への負担が少なくなって副作用が引き起こされにくくなっているので、医師の指示に従って服用していくのが良いかもしれません。

 

このように、1日の上限摂取量は1.0mgと決められており、その分量を守って続けていけば抜け毛の量を減らせますし、結果的に育毛効果を得ることができます。

 

「1日に2錠を飲めばそれだけ早く効果があらわれるのではないか?」と考える方はいらっしゃるものの、摂取量を誤れば悲惨な結果を招く危険性があるので注意が必要です。

 

いくら安全性の高さが指摘されているプロペシアでも、医薬品の一種ということには何ら変わりがないので、指示された摂取量をきちんと守るようにしましょう。

 

このサイトでご紹介しているオオサカ堂から販売されているプロペシアも全く一緒で、どの国から製造されている医薬品でも1日に1粒と決まっております。

 

アメリカ版のプロペシアで約5,500円と、医療機関で処方されるよりも圧倒的に安いので、オオサカ堂で購入してAGAの治療を行ってみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアを使ってAGAの治療を行う際、1日の摂取量を守らなければならないだけではなく、20歳未満の方や女性の方は服用してはいけないという決まりがあります。

 

酵素の5αリダクターゼを抑えて男性ホルモンが作られにくくする働きがプロペシアにはあるため、女性の方が服用しても全く意味がないというわけです。

 

特に、妊娠中の女性が服用するとお腹の中の胎児に悪影響があり、男児の場合は生殖機能に異常が生じるリスクが大きく跳ね上がるため、どんな用量でも絶対に服用してはいけません。

 

プロペシアを摂取していく際の条件をきちんと守っていれば、薄毛の治療に繋がるはずですし、目に見える効果がなかったとしても抜け毛の量を増やせるので現状維持には繋がります。

 

もちろん、医薬品の効能だけに頼るのではなく、不規則な生活習慣を改善して薄毛の原因を作らないような対策も日々行っていくようにしましょう。

 

「運動をして血流を良くする」「髪の毛の元となる良質なタンパク質を摂取する」「毛髪を育てる成長ホルモンを分泌させるために良質な睡眠を取る」という対策がベストで、少しずつ変えられるように努力してみてください。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ