プロペシアをお茶で飲むのは大丈夫?

MENU

プロペシアをお茶で飲むのは大丈夫なの?

プロペシアをお茶で飲むのは大丈夫なの?

AGA治療薬のプロペシアをお茶で飲むのは大丈夫なのか、疑問を抱えている男性は少なくありません。

 

錠剤と一緒に飲まないとしても、プロペシアを服用した後にお茶やコーヒーを飲んで効果が下がったり副作用のリスクが上がったりといった弊害がないのかどうか気になりますよね。

 

基本的にプロペシアは水で飲んでもお茶と服用しても、次の効果を得られる点では一緒です。

 

 

  • 還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する
  • 男性ホルモンのテストステロンがDHTへと変換されるのを防ぐ
  • 正しいヘアサイクルを維持して抜け毛の本数を減らす

 

 

AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な内服薬ですので、日本だけではなく世界中の薄毛で悩んでいる男性が服用するようになりました。

 

しかし、結論から言うとプロペシアはお茶と一緒に飲むのはNGで、その理由を詳しく見ていきましょう。


薬の体内への吸収が妨げられる

プロペシアとお茶の併用を避けた方が良いのは、薬の体内への吸収が妨げられるのが理由ですね。

 

これは緑茶だけではなく、ほうじ茶やごぼう茶など全ての健康茶に該当します。

 

 

  • お茶の中にはコーヒーと一緒でカフェインが入っている
  • 薬の中に入っている有効成分が体内へと吸収されにくくなる
  • フィナステリドのDHTを抑える効果が半減する

 

 

こういった弊害があるため、プロペシアとお茶を一緒に飲んではいけません。

 

また、お茶の中にはカフェインだけではなく、タンニンと呼ばれる栄養素も入っています。

 

ポリフェノールのタンニンは腸の痙攣を抑えたり生活習慣病を予防したりといった効果があるものの、金属イオンと結合する性質を持つ点に注意です。

 

フィナステリドやミノキシジルは金属イオンと関係しているわけではありませんが、髪の毛にも良い鉄分の吸収が阻害されやすいので大量に飲むのはなるべく避けましょう。


水や白湯と一緒に飲む前提で作られている

フィナステリドが含まれているプロペシアは、水や白湯と一緒に飲む前提で作られています。

 

プロペシアの添付文書を見てみると、「1日に1錠を水や白湯と一緒に服用する」としっかりと記載されていました。

 

つまり、お茶と一緒に飲んで効果が発揮するように作られていないので、自分勝手な飲み方は避けた方が良いでしょう。

 

AGAの治療効果が一気に下がるような心配はなくても、添付文書に記載されている通りに服用して抜け毛や薄毛を対策していくのが無難ですよ。

 

手元にお茶しかない場合は困りますが、日本は衛生環境が整っていますので水道水で飲んでも問題はありません。

 

AGAの代表的な内服薬のプロペシアは、病院やクリニックではなくインターネット通販でも購入できます。

 

 

  • 誰にも知られることなくAGAの治療を継続できる
  • 病院で処方してもらうよりも圧倒的に料金が安い
  • 内服薬が自宅へと届くのを待つだけで良い

 

 

インターネット通販でプロペシアを購入すればこのようなメリットを得られますので、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


プロペシアと薬の飲み合わせで押さえておきたい注意点

AGA治療薬のプロペシアは、飲み合わせてはいけない併用禁忌薬は特に設定されていません。

 

そのため、風邪薬や頭痛薬を服用している男性でも、安心してプロペシアを使ってAGAの治療を継続できます。

 

しかし、複数種類の医薬品を飲み合わせるに当たって押さえておきたい注意点がありますので、これから自宅でAGAの治療を始める予定の男性はきちんとチェックしておいてください。

 

 

  • 2種類の内服薬を同時に服用すると肝臓へと大きな負担が加わる
  • 複数の成分が阻害し合って効果が薄れる恐れがある
  • 持病で服用している薬にフィナステリドと似た成分が入っていることがある

 

 

プロペシアの服用で飲み合わせを神経質に考えなくても良いのは、臨床検査で証明されています。

 

とは言え、自分勝手な判断で併用していると思わぬトラブルが引き起こされる可能性がありますので、持病で何かしらの薬を服用している男性はプロペシアを使った治療を始める前にかかりつけの医師へと相談してみてください。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ