プロペシアの飲み忘れ

MENU

プロペシアの飲み忘れについて

プロペシアを服用してAGA(男性型脱毛症)の治療を行っている男性の中で、「飲み忘れたらどうしよう」という疑問を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、意識していても薄毛は病気ではなく自分の体調が悪化するわけではないため、飲み忘れてしまうケースは誰にでもあります。

 

仮にプロペシアを飲み忘れたとしても、その分を翌日と合わせて服用する方法は間違っており、1日に1錠という分量はきちんと守らなければならないのです。

 

前日に飲み忘れたからといって1日に2錠を服用しても効果が跳ね上がるわけではありませんし、副作用のリスクを高めるだけとなります。

 

もちろん、1日や2日程度摂取量を守らなかったからといって一気に副作用が生じたり、大きな病気に発展したりということはなく、身体にはそこまで変化がないはずです。

 

それでも、プロペシアといった医薬品の類のものは分量を守らなければならず、本来の効果を得たいという気持ちがあるのならば自分勝手な判断は避ける必要があります。

 

1日1mg1錠という分量を守ってプロペシアを服用していれば、生活習慣の見直しよりも大きな薄毛改善効果が得られるはずなので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみましょう。

 

オオサカ堂ではイギリス版やニュージーランド版のプロペシアを販売しており、その中でもアメリカ版が約5,500円とお手頃な価格となっているので、抜け毛や薄毛で悩む男性の方は一度注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアは市販で販売されている頭痛薬とは異なり、即効性のある薬ではないということで、長期間に渡って摂取していく必要があります。

 

効果が出始める期間には個人差があるので一概には説明できないものの、何かしらの変化を得るためには3ヶ月から6ヶ月といった期間は飲み続けなければならないのです。

 

つまり、何回も飲み忘れる日々が続いていると、プロペシアの効果が体内から消えてしまうので注意しなければなりません。

 

プロペシアの中にはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれており、この成分が抜け毛の大きな原因とされているジヒドロテストステロンの分泌を抑制してくれます。

 

プロペシアの効果は大よそ24時間程度だと考えられており、1日でも飲み忘れればジヒドロテストステロンの分泌量が増加してAGAの進行を防げなくなるので、毎日欠かさずに飲まなければならないのです。

 

そこで、少しでも飲み忘れを防ぐために、毎日同じ時間に服用して自分の生活の中に上手く溶け込ませるようにしてください。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ