プロペシアと年齢制限

MENU

プロペシアと年齢制限について

「プロペシアを服用する際に年齢制限はあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

プロペシアは育毛のサポートをしてくれる医薬品で、特に年齢制限はないため抜け毛や薄毛で悩む方全てが服用できるのです。

 

高齢になってからプロペシアを服用しても頭皮の力が衰えており、あまり効き目がないという状態に陥りやすいので、AGA(男性型脱毛症)の進行を食い止めるためにもできる限り早めに服用した方が良いかもしれません。

 

しかし、プロペシアは年齢制限が全くないわけではなく、添付文書では20歳未満での安全性や有効性は確立されていないと記載されております。

 

19歳と20歳の方でプロペシアの服用で得られる効果に大きな違いが生じるわけではありませんが、説明書にこのような記載がなされている以上は、未成年の方はなるべく服用しない方が良いのです。

 

若い年齢の方が再生速度が速く、プロペシアによる効果も大きくなる特徴があるものの、今後どのようにAGA(男性型脱毛症)が進行していくのか予想がつかないので、この年齢制限はしっかりと守った方が良いでしょう。

 

20歳以上の男性であれば年齢に関係なくプロペシアを服用して薄毛の進行を食い止められるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で手に入れるのが実におすすめです。

 

1ヵ月分のプロペシアが大よそ5,500円程度で販売されており、医療機関での処方よりも圧倒的に安いのでインターネットから注文を確定させてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、現在では上記で説明したオオサカ堂のように個人輸入代行業者が存在するため、以前よりも遥かにプロペシアを入手することができるようになりました。

 

つまり、服用に関して年齢制限があり医療機関では処方されないとしても、気軽にインターネットで手に入れられることを指しているのです。

 

20歳未満の方がプロペシアの服用を避けた方が良いと言われている要因の一つが、薄毛の原因物質のジヒドロテストステロンとなっております。

 

プロペシアの中の成分が5αリダクターゼという酵素を弊害し、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを防いでくれるので薄毛の治療に用いられているのです。

 

もし生殖器の成長過程にある20歳未満の方がプロペシアを服用すると、ジヒドロテストステロンを減らす大きな要因となり悪影響のリスクが高まるので禁止されております。

 

年齢制限を守らずに服用していても大きな作用は得られないということで、20歳を超えてからプロペシアによる治療を始めましょう。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ