プロペシアとの併用

MENU

プロペシアと薬の併用について

併用して服用すると身体に何かしらの害を引き起こす薬のことを併用禁忌薬と呼び、該当するものは幾つも存在します。

 

しかし、プロペシアは併用禁忌のない飲む育毛剤ということで、他の薬と併用しても特に問題はなく、抜け毛や薄毛の進行を食い止めることができるのです。

 

育毛はある程度長い期間に渡って取り組んでいく特徴があり、効き目があると考えられているプロペシアであっても、直ぐに頭皮や髪の毛に変化が生じるわけではありません。

 

用法と用量に従って服用を続け、最低でも半年間以上は飲み続けなければならないと考えられているので、併用禁忌薬が存在しないのは大きなメリットだと説明できます。

 

副作用のリスクが少ないというのは正常な体調での服用に限られた話で、体調を崩した時に服用すれば思わぬトラブルが生じることも十分に考えられるのです。

 

その際に、風邪薬や頭痛薬といった医薬品を服用するはずですし、そのような時でもプロペシアによる治療ができるのはありがたいのではないでしょうか。

 

プロペシアによる効果は6ヶ月から12ヶ月が最も大きいと言われており、その後は安定して少しずつ低下していきます。

 

他の薬と併用して体調不良が一気に悪化することはないので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用してプロペシアを入手するべきです。

 

病院で処方されるフィナステリドを含むプロペシアという点には一切変わりなく、インターネットを通じて約5,500円という安い料金で手に入れられるので、まずは公式ホームページを参照してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、今のところプロペシアとの飲み合わせで問題が生じる薬はありませんが、これから併用禁忌薬が登場する可能性は十分にあります。

 

現代では日に日に医療が発達しておりますし、薬の種類は数え切れないということで安全性を第一に考えるのであれば、プロペシアと他の薬を併用していく際は時間を少しでもずらすべきです。

 

錠剤を一緒に体内に取り入れて異常が引き起こされないという保証はないので、2時間から3時間程度ずらしてから服用すればそのリスクを下げられるかもしれません。

 

また、育毛効果をより実感したいということでプロペシアだけではなく、ミノキシジルタブレットを併用している方は意外と多くいらっしゃいます。

 

その際も身体にかかる負担を少しでも和らげるために、プロペシアとミノキシジルタブレットを飲む時間を少しでもずらして続けるようにしましょう。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ