プロペシアの長期服用

MENU

プロペシアの長期服用について

プロペシアは医薬品の一種ということで、長期服用で身体に害が引き起こされないのか不安になる方がいらっしゃいます。

 

サプリメントではなく医薬品なので何かしらの副作用が引き起こされる可能性は十分にあり、長期服用でそのリスクが高まるのは紛れもない事実です。

 

しかし、性欲減退や胃の不快感といった副作用は僅か数%の人にしか引き起こされないですし、用法と用量を守ってプロペシアを服用していれば重大な症状で悩まされることはありません。

 

それに、プロペシアに限らずAGA(男性型脱毛症)の治療薬は長期服用が大前提となっており、短期間では変化が得られなくなっております。

 

頭痛薬を服用すれば直ぐに痛みが和らいで快適に生活を送れるように、プロペシアも服用して直ぐに抜け毛が抑えられるのではないかと考える方はいらっしゃるはずです。

 

この考えは間違いでプロペシアを服用しても、直ぐにヘアサイクルが正常に戻るわけではありませんし、短期間で髪の毛を生やせるような方法ではないため、長期服用が鍵を握ることはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

プロペシアの重大な副作用の一つとして肝機能障害が挙げられ、国内の製造元であるMSD株式会社の注意事項でもしっかりと報告されておりました。

 

それでも、肝機能障害を副作用の一つとして挙げている薬は他にもありますし、健康な方がプロペシアを長期服用しても重大な副作用で悩まされるケースは稀なのです。

 

もし、長期服用によって大きなダメージが身体に加わるのであれば、もっと以前から囁かれているはずですし販売が中止されてもおかしくはないので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入して薄毛の改善に役立ててみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、AGA(男性型脱毛症)の治療としてプロペシアが有効だと言われているのは、臨床試験の結果によって解明されました。

 

医薬品の服用による効果には個人差があるため一概には説明できませんが、プロペシアを長期服用した方の大よそ95%以上に症状の進行が認められたのです。

 

髪の毛の生える量が実際に増えてフサフサになった方だけではなく、抜け毛が減って薄毛の進行が止まったという方もこの95%の中に含まれております。

 

とは言え、現状維持で薄毛の進行を食い止められるのはありがたいことですし、他の対策も同時に行えば日に日に髪の毛が薄くなっていくという現状を打開できるはずです。

 

「薄毛の進行を食い止めて治療するにはこれから先もずっとプロペシアを長期服用していかなければならないの?」という質問をされる方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、計画的に用量を守ってプロペシアを服用し、頭皮環境を整えるという内面の治療も同時に行っていけば、プロペシアを卒業しても脱毛を阻止して今の毛髪の状態を維持できるはずです。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ