プロペシアとアトピー

MENU

プロペシアとアトピーについて

アレルゲンが引き金となってアレルギー反応を引き起こし、皮膚に炎症が生じるような病気をアトピー性皮膚炎と呼び、湿疹による強い痒みやひび割れなど個人によって引き起こされる症状には違いがあります。

 

アトピーの人でも抜け毛や薄毛に悩まされることはあり、プロペシアの服用で症状が悪化しないかどうか気になっている方は多いかもしれません。

 

確かに、アトピーを完治させるのは難しいとしても、なるべく症状が進行しないように予防するケアは重要ですし、プロペシアがその引き金になるのであれば控えた方が良いと説明できます。

 

しかし、プロペシアの説明書には皮膚の炎症を悪化させるような記載はなく、アトピーの症状が著しく進行するとも書かれていないので、安全にAGA(男性型脱毛症)の治療に取り入れられるのです。

 

男性ホルモンのテストステロンを脱毛ホルモンのDHTに変換する酵素を抑制する働きがプロペシアにはあり、性欲が減退したり胃に不快感を訴えたりすることがあっても、皮膚の炎症が加速するケースは少ないでしょう。

 

このように、プロペシアとアトピーには直接的な関係性は特にないということで、毎日の生活に取り入れて薄毛の治療に力を入れるのは十分に可能となっております。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂ではプロペシアを取り扱っており、病院で処方してもらうよりも圧倒的に安い価格で入手できるのです。

 

アメリカ版やイギリス版など、製造している国に違いはあるものの含まれている成分には違いがないので、公式サイトで費用の比較をしながら選んでみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、アトピー性皮膚炎と聞くと乳幼児が悩まされる病気だというイメージがありますが、大人でも治癒と再発を繰り返して悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

プロペシアではその症状が加速することはないとしても、ミノキシジルといった育毛剤を使用すると血行促進作用のある成分によって皮膚の乾燥が進む場合があるのです。

 

アトピー性皮膚炎の治療において乾燥は大きな天敵で、症状を和らげるためには潤いを与えて保湿をしなければならないので、その弊害となる育毛剤の使用で頭皮の状態は悪化するかもしれません。

 

そのため、発毛効果が得られるとしてもアトピー性皮膚炎で悩む方は育毛剤を使用する前に、かかりつけの医師に相談しなければならないのです。

 

もちろん、プロペシアの場合も必ずしも悪影響が生じないと言い切ることはできないため、事前に主治医に相談してしっかりと話し合い、その上で使用するかどうか決めるようにしてください。


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ