プロペシアの飲み方

MENU

プロペシアの飲み方について

プロペシアをサプリメントと勘違いしている方はいらっしゃいますが、フィナステリドという成分が含まれた医薬品の一種なので、飲み方には十分に気を配らなければならないのです。

 

正しい飲み方でプロペシアを服用していかなければ本来の効果が得られないだけではなく、副作用といったトラブルに悩まされる確率は高まります。

 

パッケージや説明書にも詳しく記載されているので特に問題はないかもしれませんが、きちんと把握せずにAGAの治療を始める方は少なからずいらっしゃるので、このページでプロペシアの正しい飲み方を把握しましょう。


1日に1錠を毎日1回飲む

プロペシアの飲み方で絶対に守らなければならないことが1日に1錠という分量で、毎日1回を好きな時間に服用していきます。

 

服用時間は特に設定されていないので、食後に飲んでも就寝前に飲んでも問題はなく、自分が続けやすい時間帯に服用するのがベストです。

 

そして、プロペシア1錠の中に含まれている成分の量は0.2mgと1.0mgの2種類が存在し、どちらにしても1錠を1回飲むという用法には変わりなく、1日に1.0mg以上飲んでも脱毛の減りが早まるわけではありません。

 

量に比例した効果が得られるわけではないですし、副作用に悩まされるリスクを高めるだけなので注意しなければならないことはお分かり頂けるはずです。

 

プロペシアはカプセルタイプの医薬品なのでどんな飲み物と摂取しても良いのですが、コーヒーやお酒といった刺激物は避けて水や白湯を利用するようにしてください。


継続して飲み続ける

プロペシアの正しい飲み方として、「継続して飲み続ける」ということが推奨されており、間隔をあけては意味がないと心得ておくべきです。

 

効果を持続させるためには毎日継続してプロペシアを体内に取り入れなければならず、自分の髪の毛に何かしらの変化が見られたとしても服用を中止すれば元の状態に戻ります。

 

得られる効果には個人差があるものの正しい飲み方を心掛け、「3ヶ月で生え際に産毛が生えた」「半年間で脱毛の減少が感じ取れた」「1年間で毛髪のボリュームアップが図れた」と感じた方は多くいらっしゃるのです。

 

毎日プロペシアを飲み続けたことが幸いし、1年から3年という月日が経って安定改善期に入り、ヘアサイクルが通常に戻って抜け毛や薄毛に悩まされにくくなります。

 

「プロペシアは費用が高いから3日間に1錠を飲むようにしよう」とケチっていると、本来の効果が得られなくなるので注意が必要です。


同じ時間に飲むことを意識する

上記では自分の好きな時間帯に服用しても良いと記載しましたが、毎日同じ時間に飲むように意識すると更に効果を感じやすくなります。

 

毎日同じ時間帯に飲んでいれば血液中の濃度の変動が少なくなり、身体に負担をかけずにAGAの治療を行っていくことができるのです。

 

仮に髪の毛を増やして育毛効果が得られたとしても、自分の身体に害が生じていては意味がないので、安全な飲み方を心掛けた方が良いのは間違いありません。

 

もちろん、いつ飲んだとしても効果が早くなったり遅くなったりと、急激な変化が見られるわけではないので、プロペシアを毎日服用することだけを重点に置いておけば問題はないはずです。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアの飲み方」に関するページ