妊娠中のプロペシアの服用

MENU

妊娠中のプロペシアの服用について

プロペシアは男性用のAGA(男性型脱毛症)の改善薬となっており、女性の方は絶対に服用してはいけないと厚生労働省は定めております。

 

特に、妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、中に含まれているフィナステリドと呼ばれる成分が胎児に悪影響を及ぼし、奇形児が生まれたり生殖器に異常が生じたりするので注意が必要です。

 

直接的に内服するだけではなく、プロペシアが割れたり砕けたりして成分が皮膚に付着した場合も体内に取り込まれる可能性があります。

 

そのため、妊娠中の女性にとってはプロペシアは危険物以外のなにものでもありませんし、絶対に近寄らないようにしなければなりません。

 

脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を減らすことができれば抜け毛を抑えられるため、そのサポートをしてくれるプロペシアは実に大きな存在だと説明できます。

 

現に妊娠中の女性でもホルモンバランスの変化によって抜け毛が増え、薄毛が引き起こされる可能性は十分にあるということで、対策の一つとしてプロペシアの服用を考慮するはずです。

 

しかし、DHT(ジヒドロテストステロン)は男性の性器を形成するための重要な働きを担っているので、男児を妊娠している女性が薬でその生成を抑えてしまっては赤ちゃんに障害が残りやすいというのはお分かり頂けるでしょう。

 

プロペシアの服用中の男性との性行為に関しては危険だとは考えられておらず、できた子供に異常や障害が見られたというデータは今のところないです。

 

とは言え、プロペシアが日本で浸透してからまだ日が浅く、フィナステリドと触れ合わないような対策を行っていかなければならないので、細心の配慮を行うためにも子作りに入る期間は旦那さんも服用を控えた方が良いと説明できます。

 

ベビ待ち期間が終了して妊娠中の状態でも成分と触れ合う可能性がある以上、生まれてくる赤ちゃんに何かしらの障害を残さないためにもプロペシアから遠ざけるのが無難な選択です。

 

子作りをしている期間も徐々にAGA(男性型脱毛症)は進行していくということで、治療をしっかりと行っていきたいと考える男性は多いかもしれません。

 

そこで、妊娠中の女性に危険が生じるプロペシアの服用ではなく、ノコギリヤシといった成分が含まれた育毛サプリや、生活習慣の見直しといった対策がおすすめです。

 

ノコギリヤシはプロペシアと同じように抜け毛を抑制する力がありますが、フィナステリドは含まれておらず安全性が高いので是非利用してみてください。


 

「プロペシアと年齢・性別」に関するページ