未成年のプロペシアの服用

MENU

未成年のプロペシアの服用について

個人の体質によっては中学生や高校生といった未成年の方でもAGA(男性型脱毛症)が引き起こされることはあり、明らかに髪の毛のボリュームが減って周りの友人の視線が気になるということで悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

AGA(男性型脱毛症)は早い人は20歳頃から少しずつ進行し始める特徴があるので、未成年者がハゲたとしても決して不思議なことではないのです。

 

男性ホルモンの活動が活発になる思春期辺りから発症する可能性があり、プロペシアを飲んで対策をしようとしている方がいらっしゃるかもしれません。

 

プロペシアは他の医薬品と比べて比較的副作用が少ないと考えられているものの、薬事法では未成年に処方できないと定められております。

 

薬事法でこのように定められているのにも関わらず、医師が未成年者にプロペシアを処方すればそれだけで罰せられてしまうため、入手して治療に役立てることはできないのです。

 

未成年者に処方できないのは男性ホルモンに影響を及ぼすのが大きな理由で、20歳未満の方は成人と比べてホルモンバランスが不安定になっており、思春期ではその影響が顕著にあらわれます。

 

思春期にニキビといった肌荒れが男性でも女性でも引き起こされやすいのは、このホルモンバランスの乱れが大きな原因となっており、成長の過程で誰もが生じる現象なので致し方ないと言えるのではないでしょうか。

 

この時期に安易にプロペシアを服用すると、ホルモンバランスの乱れがより激しくなり、性欲減退や精子の減少など男性機能の成長を妨げる大きな原因となります。

 

現代では医師の処方箋がなくても、インターネットで個人輸入代行業者を利用すれば簡単にプロペシアを入手できますが、以上のような理由から未成年の方は絶対に服用してはいけないのです。

 

発毛や抜け毛の対策は何もプロペシアの服用だけではないですし、日常生活の見直しを行うことで症状のスピードを和らげることはできるかもしれません。

 

大きな効果が得られなくても医薬品を服用するよりかは圧倒的に安全ですし、未成年者はこれからどのようにAGA(男性型脱毛症)が悪化していくのか予想がつかないので、20代を過ぎてから対策を始めても遅いわけではないのです。

 

いくら抜け毛の本数を減らすことができたとしても、男性機能の低下という後遺症が身体に残ってしまっては何の意味もないので、親御さんも安易に未成年の子供にプロペシアを服用させないように注意してください。


 

「プロペシアと年齢・性別」に関するページ