女性のプロペシアの服用

MENU

女性のプロペシアの服用による効果について

抜け毛や薄毛に悩まされるのは男性だけではなく女性も一緒で、年齢を重ねるにつれて髪の毛のボリュームが少なくなり、細く弱くなって抜けやすくなるケースは意外と多くなっております。

 

少しでも抜け毛や薄毛の予防を行いたいということで、女性の中でプロペシアを服用しようと考えている方はいらっしゃいますがこれは危険です。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドは男性ホルモンの作用を抑制する抗アンドロゲン薬ということで、女性が服用したとしても特に効果を得ることができません。

 

世界中で愛されているAGA治療薬のプロペシアは成人男性専用となっており、女性が服用すると効果を得られないどころか副作用に悩まされるリスクを高める結果となってしまいます。

 

元々体内の男性ホルモンの量が少ないからなのか、酵素の働き方が異なるからなのかハッキリと解明されていないものの、女性にとって禁忌だということを頭に入れておくべきです。

 

砕けたり割れたりしたプロペシアの錠剤に触れるだけでも異常が引き起こされるみたいなので、ベビ待ちをしている女性と一緒に生活をしている男性も、できる限りプロペシアを服用しない方が良いでしょう。


女性のプロペシアの服用による影響について

女性がプロペシアを服用することによって、どのような影響が引き起こされるのか気になる方はいらっしゃるはずです。

 

もし、お腹に赤ちゃんを宿した女性がプロペシアを服用した場合、体内の男の子の生殖器に異常が生じるという懸念があります。

 

皮膚から吸収された場合も悪影響が生じるので絶対にプロペシアの錠剤に触れてはいけませんし、妊娠中ではない女性でも婦人科系の病気が生じる可能性が高まるのです。

 

「絶対に女性はプロペシアを服用してはいけない」「砕けた錠剤を触ってはいけない」「有効成分に触れた場合は速やかに医師に相談する」という記載が厚生労働省のホームページでなされております。

 

実際に、日本皮膚科学会のガイドラインの発表では、プロペシアの服用は最も推奨されるAランクに該当しておりますが、女性の服用に関しては悪影響のリスクが高いことで絶対に試してはいけないDランクに該当しておりました。

 

それほどプロペシアの中に含まれるフィナステリドは危険性の高い成分ということで、彼氏や旦那さんが服用している場合は、十分に取り扱いに注意しなければならないのです。

 

ベビ待ちしているのであれば、有効成分に触れるリスクも考慮して、旦那さんはできる限りプロペシア以外の方法で抜け毛や薄毛の治療を行った方が良いでしょう。


 

「プロペシアと年齢・性別」に関するページ