プロペシアと年齢・性別

MENU

プロペシアと年齢・性別について

プロペシアは服用する年齢によってはあまり効果が得られないという特徴があり、個人の体質によっても大きな違いが生じております。

 

プロペシアを服用することで薄毛の引き金となるDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させる還元酵素を抑制できることはどの年齢でも一緒で、長期間に渡って服用することで少しずつ働きかけてくれるのです。

 

しかし、年齢を重ねるに連れてAGA(男性型脱毛症)の症状は進行し、対応が遅れるほどプロペシアを飲んでも効き目がなくなってしまいます。

 

少し髪の毛のボリュームが落ちてきた段階で使用するのと、生え際の後退や頭頂部のハゲが激しく進行した状態で使用するのとで、大きな違いが生じる事実は少し考えればお分かり頂けるかもしれません。

 

気付いた時には手遅れになっている可能性もあるので、AGA(男性型脱毛症)は早めの年齢でケアを行うのが大事だと説明できます。

 

とは言え、基本的に症状の進行は30歳頃から引き起こされますが、10代の未成年はプロペシアを処方できないと定められているので注意が必要です。

 

成長過程にある10代の若者がプロペシアを服用することにより、DHT(ジヒドロテストステロン)の分泌量が減って生殖機能の発達に異常が生じやすいと考えられているので、服用する年齢が早ければ良いという単純な話ではないと説明できます。

 

現在ではインターネットを通じて誰でもプロペシアをオオサカ堂といった個人輸入代行業者から仕入れられるものの、本当に自分にとって必要な医薬品なのかどうかじっくりと考えるようにしてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアを服用するに当たって年齢は大事な要素の一つとなっておりますが、性別も欠かせないポイントとなっております。

 

基本的にプロペシアは男性ホルモンに働きかけてAGA(男性型脱毛症)の治療を促してくれる医薬品なので、女性の方は絶対に服用してはいけないのです。

 

特に、男児をお腹の中に宿した妊娠中の女性がプロペシアの中に含まれているフィナステリドを摂取すると、将来的に生殖機能に何かしらの弊害が出ることが分かっております。

 

このように、プロペシアはどの性別の方でも服用できるわけではなく、男性専用の医薬品だということを頭に入れておかなければなりません。

 

プロペシアだけではなくフィナステリドが含まれていては意味がないので、フィンペシアやエフペシアといったジェネリック医薬品も該当するので注意が必要です。


 

「プロペシアと年齢・性別」に関するページ