プロペシアとミノキシジルの処方

MENU

プロペシアとミノキシジルの処方について

病院や美容クリニックでは薄毛の治療としてプロペシアとミノキシジルの処方が行われており、個人の要望に応じてどちらか、または両方を手に入れることができます。

 

ミノキシジル成分が含まれた育毛剤は薬局で手に入れることができるものの、プロペシアは絶対に販売されておらず医師の処方で入手するしかないのです。

 

しかし、薬局で販売されているリアップといったミノキシジル成分を含んだ育毛剤は、その含有量が1%と非常に少なくあまり効果が得られないかもしれないので、どちらも医師の処方によって手に入れた方が良いかもしれません。

 

ミノキシジルが頭皮に働きかけて血行を促し育毛効果を大きく上げてくれるため、この成分の含有量が多いほど短期間での変化が得られます。

 

一方で、プロペシアは医師の処方でしか購入できないと法律で決められており、薬局ではジェネリック医薬品ですら販売されていないので医師の処方箋が必要というわけです。

 

美容クリニックで処方してもらう場合は、皮膚科で処方してもらう場合と比べて値段が高くなるかもしれないので、あらかじめ料金を把握しておいた方が良いでしょう。

 

少しでも薄毛の治療にかかる代金を抑えたいのであれば、プロペシアもミノキシジルも医師の処方ではなく個人輸入代行業者の利用をおすすめします。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂はその一つとなっており、どちらの育毛剤も安い料金で販売されているので、公式サイトでその値段を確認してみてください。

 

 

 

 

さて、プロペシアの中に含まれているフィナステリドとミノキシジルは、薄毛治療のガイドラインでランクAの最高評価を得ている成分となっております。

 

他にも治療に効き目があると考えられている成分は存在しますが、BランクやCランクというように評価が低くなっているので、この2つの育毛剤を医師から処方してもらうのがベストというわけです。

 

内服薬のプロペシアを服用し、外用薬のミノキシジルを同時に使用するというケアで、以前よりも確実に抜け毛を減らして薄毛の治療に役立てられるかもしれません。

 

どちらにしても医師の処方によって入手するのであれば、一度診察を受けて専門医の指示に従いながら対策を打った方が良いと説明できます。

 

また、クリニックによっては「オーダーメイド処方薬」と呼ばれるものを用意しており、この中にはAGA治療薬のプロペシアとミノキシジルが両方とも配合されているのです。

 

どちらの成分もカプセルの中に凝縮されており、医師の判断の下で独自の調合で作られているので、「オーダーメイド処方薬」があるのかどうか聞いてみてください。


 

「プロペシアとミノキシジル」に関するページ