プロペシアとミノキシジルによる眠気

MENU

プロペシアとミノキシジルによる眠気について

AGA治療薬として優れているプロペシアとミノキシジルは現在では大分有名になり、抜け毛や薄毛を改善したいということで使用している男性の方はいらっしゃいます。

 

しかし、プロペシアにしてもミノキシジルにしてもサプリメントではなく医薬品ということで、眠気といった副作用が引き起こされるリスクがあると頭に入れておくべきです。

 

外用薬タイプのミノキシジルであれば頭皮に直接液体をつけていくため、眠気といった副作用が生じることはほとんどありません。

 

その点、タブレットタイプのプロペシアとミノキシジルは成分を直接的に体内に取り入れていくということで、急激な眠気が発生する可能性があります。

 

特に、低血圧で悩んでいる方はミノキシジルタブレットの服用で眠気が酷くなりやすいと考えられており、集中力や判断力が低下するかもしれないので、車の運転といった危険作業はできる限り控えるべきです。

 

とは言え、プロペシアにしてもミノキシジルにしても服用しなければならない時間帯は特に決まっておらず、就寝前でも飲むことは可能となっております。

 

胃に大きな負担をかけないために食後に服用するのがベストだと考えられているものの、眠気が引き起こされても問題のない状態で飲めば大きな事故に発展することはないでしょう。

 

AGA治療の促進に繋がるプロペシアとミノキシジルは、当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用して入手が可能となっております。

 

病院での処方よりも個人輸入代行業者の方が圧倒的に安いですし、内服薬でも外用薬でもお好きな医薬品を選べるので、まずは公式サイトにアクセスしてみてください。

 

 

>>>プロペシアが欲しい方はコチラ

 

>>>ミノキシジルタブレットが欲しい方はコチラ

 

 

さて、プロペシアとミノキシジルは両方とも医薬品ということで、眠気以外の副作用が生じる可能性があると頭に入れておくべきです。

 

飲む育毛剤として有名なプロペシアは精力減退や初期脱毛、ミノキシジルタブレットは動悸や不整脈といった副作用が報告されております。

 

実際に全ての副作用が同時に引き起こされるわけではなく、個人の体質によって生じる症状には違いがあるので、服用してみなければ確かなことを判断することはできません。

 

それでも、身体に何のリスクもなく、プロペシアやミノキシジルで育毛効果を上げられるわけではないのです。

 

また、副作用とは少々関係性がないものの、女性の場合はフィナステリドと呼ばれる成分を含むプロペシアを服用できないと決まっております。

 

特に妊娠中の女性はプロペシアと接しないように気を配り、それ以外の女性もミノキシジルを使って抜け毛を抑えるような対策を練ってください。


 

「プロペシアとミノキシジル」に関するページ