プロペシアとミノキシジルの併用

MENU

プロペシアとミノキシジルの併用について

AGA(男性型脱毛症)の治療を促進し、より大きな効果を得たいのであれば、プロペシアとミノキシジルの併用がおすすめとなっております。

 

色々なサイトで2つの育毛剤の併用が効果的だと考えられており、どちらか片方で変化が得られないことも十分にあり得るので、同時に使用した方が良いのは紛れもない事実です。

 

ミノキシジルよりも副作用のリスクが少ないということで、プロペシアを服用して発毛効果を高めようとしている方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最も信頼されているAGA治療薬だとしても、基本的に抜け毛を減らして現状維持する薬効しかありませんし、短期間でみるみるうちにフサフサの状態まで持っていくのは無理があるので一度失った毛髪を取り戻すにはミノキシジルとの併用が適しております。

 

とは言え、飲む育毛剤のミノキシジルタブレットは副作用が強く、血行が改善されて髪の毛の量が増えたとしても、むくみや胸の痛み、動悸といった症状に悩まされることがあるのです。

 

場合によっては心肺に悪影響が引き起こされますし、元々は血圧降下剤として使われていたということで低血圧の方が服用するのは危険だと言えるでしょう。

 

そのため、少しでも安全性を高めたいのであれば内服薬のプロペシアを服用し、その上で塗るタイプのミノキシジルを併用するのがおすすめです。

 

実際に、国内の研究機関でもプロペシアの主成分であるフィナステリドを含む内服薬と、ミノキシジルを含んだ外用薬の併用で相乗効果が得られることが分かっております。

 

当サイトでご紹介しているオオサカ堂ではどちらの医薬品も取り扱っており、中でもローションタイプの「NR-09ポラリス ミノキシジル」が人気です。

 

頭皮に一日2回のスプレーを行うだけの簡単なケアとなっており、抜け毛を抑制するプロシアニジンB2や発毛促進因子の産生を補助するアデノシンが含まれているので、是非購入してみてください。

 

 

 

 

さて、育毛ケアに関しては個人差が大きく、ミノキシジルを含む外用薬を併用しなくてもプロペシアだけで十分な効果が得られることも十分にあります。

 

プロペシアだけでAGAの治療が促進できているのにも関わらず、無理にミノキシジルを併用する必要はないので、最初はどちらか片方の使用だけでも良いのです。

 

もちろん、プロペシアだけでは男性ホルモンの抑制効果しか得られず細胞を活性化するのは難しいですし、ミノキシジルだけでも脱毛ホルモンのDHTの産生を抑えられないので、単独では効果を発揮しにくいのは事実となっております。

 

それでも、がむしゃらに医薬品を使っていればそれで万事解決というわけではなく、副作用の面も同時に考慮しなければなりません。

 

それに、外用薬の中にミノキシジルが含まれていれば良いわけではなく、成分を毛根の奥まで浸透させられる技術も欠かせないので、育毛剤の選び方にも注意が必要です。


 

「プロペシアとミノキシジル」に関するページ