プロペシアとミノキシジルのどっちが良いの?

MENU

プロペシアとミノキシジルのどっちが良いの?

「プロペシアとミノキシジルのどっちが良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

どっちの成分も日本皮膚科学会のガイドラインでAランクの評価を受けており、育毛治療を促進できることは間違いないです。

 

個人の体質によって得られる効果は異なるので一概には説明できないですし、作用の仕方に違いが生じていることを心得ておかなければなりません。

 

プロペシアは5αリダクターゼという酵素の働きを抑えて、ホルモンの一種のジヒドロテストステロン(DHT)を作らせにくくして脱毛を抑えてくれます。

 

一方でミノキシジルは血行促進や血管拡張を促し、栄養分が行き渡らなくなった毛根の再生をして発毛を促進してくれるのです。

 

つまり、頭皮や髪の毛に与える影響に違いが生じているため、どっちが効果的なのか決め付けられないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

基本的に薄毛の場合は根本的な原因を抑えなければならないのでプロペシアを使って抜け毛を抑制する治療が行われますが、これだけでは効果が薄いと判断されると外用薬のミノキシジルが追加されます。

 

全ては医師の判断の下で治療が行われ、その指示に従って対処していればAGA(男性型脱毛症)を克服できるというわけです。

 

もちろん、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば、医師の処方箋がなくてもプロペシアとミノキシジルの両方を簡単に入手することができます。

 

いきなり両方の医薬品を使用することに不安を抱いているのであれば、最初にプロペシアを服用して、その次にミノキシジル成分が含まれた医薬品を購入して使ってみてください。

 

 

>>> プロペシアが欲しい方はコチラ

 

>>> ミノキシジルタブレットが欲しい方はコチラ

 

 

さて、プロペシアとミノキシジルは得られる作用に違いがあるだけではなく、副作用の大きさも異なります。

 

ミノキシジルの場合はタブレットだけではなく、直接頭皮につける外用薬タイプの医薬品も販売されているので、一概に副作用について説明することはできません。

 

しかし、同じ内服薬タイプで比較をしてみると、プロペシアよりもミノキシジルの方が副作用が強いという臨床データが出ております。

 

薬局でも販売されており、ミノキシジル成分の含有量が少なくて安全だと考えられている育毛剤のリアップでも、頭皮の痒みや炎症という副作用が生じるのです。

 

ミノキシジル1%の場合は約5%、ミノキシジル5%の場合は約9%の方が副作用を引き起こすことが確認されているので、不快な症状が直ぐにおさまらないのであれば早めに医師に相談するようにしてください。


 

「プロペシアとミノキシジル」に関するページ