プロペシアと残尿感

MENU

プロペシアと残尿感について

プロペシアの服用によって抜け毛を減少させて薄毛の進行をストップさせるだけではなく、排尿した後にすっきりしない感じがする残尿感の症状を和らげられると言われております。

 

残尿感の治療薬として用いられているわけではありませんが、フィナステリドと呼ばれる成分を含むプロペシアは前立腺肥大症の治療薬として使われておりました。

 

男性ホルモンの働きに異常が生じることで前立腺肥大症を患いやすく、残尿感や頻繁な尿意が生じる頻尿、尿を出す時に飛散する尿線分裂といった排尿症状が引き起こされやすくなります。

 

そもそも、前立腺は膀胱の真下辺りに位置している男性のみが持っている器官で、前立腺肥大症は30歳頃から始まって50歳で約3割、60歳で約6割、70歳で約8割の方に見られるのです。

 

プロペシアに含まれるフィナステリドの働きにより、前立腺を小さくさせることができるということで以前から前立腺肥大症の治療に用いられておりました。

 

その際に、抜け毛が減少し薄毛の改善に繋がることが分かったので、現在ではプロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使われているのです。

 

前立腺肥大症の症状の一つが残尿感ということで、元々この病気を治すために使われていたプロペシアが症状の改善に繋がるのは決して不思議な話ではありません。

 

残尿感があるからといって身体が危険な状態になることはありませんし、前立腺肥大症自体が命を脅かす病気ではないということで、放置している高齢者の方は多くいらっしゃいます。

 

加齢によって誰でも引き起こされる病気の一つですし、日常生活に大きな支障が出ない症状であれば残尿感も頻尿も特に治療する必要はないのです。

 

逆にプロペシアの服用によって前立腺が小さくなり、身体に悪影響が及ぶのではないかと不安感を覚えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、前立腺が少し縮小しただけでは身体に害はありませんし、精子の減少や性欲の減退といった生殖機能による影響はほとんどないので安心してください。

 

とは言え、若いうちから残尿感で悩まされるのは辛い症状ですし、プロペシアの服用で必ずしも症状が回復するわけではないので、病院で診察を受けた方が良いと言えます。

 

前立腺肥大症以外にも、尿が白く濁ったり血が混じったりする膀胱炎や、尿失禁や頻尿といった神経因性膀胱という病気が引き金となり、残尿感を引き起こしていると考えられているので早めに病気を発見するためにも専門医に診てもらうべきです。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ