プロペシアと薄毛

MENU

プロペシアと薄毛について

薄毛を引き起こす大きな原因のAGA(男性型脱毛症)の治療に役立つのがプロペシアで、最初はアメリカで認可されました。

 

当初はプロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として開発されていたものの、患者さんの薄毛が改善されたということでその後に研究が進められ、AGAの治療に役立てられるようになったのです。

 

医学的に薄毛の改善効果が高いということでプロペシアは注目を浴びており、実際にこの医薬品を服用して治療を行っている芸能人の方もいらっしゃいます。

 

AGA(男性型脱毛症)は一度発症すると自然に良くなるケースはなく、遺伝的背景を持って引き起こされる進行性の「禿頭症」ということで何かしらの対策を行わなければならないのです。

 

その対策方法の一つがプロペシアの服用で、日本皮膚科学会でも推奨されているということで現在では日本でも広く知れ渡るようになりました。

 

プロペシアの摂取で5α−リダクターゼという酵素を阻害し、男性ホルモンのテストステロンが薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのを防いでくれるのです。

 

飲み薬ということで1日1錠を決まった時間に服用するだけですし、面倒なケアが必要ないからこそ薄毛の治療薬として人気が高いのかもしれません。

 

日本では病院でプロペシアを処方してもらうと高い費用がかかる可能性があるため、当サイトでご紹介しているオオサカ堂といった個人輸入代行業者の利用がおすすめとなっております。

 

病院で処方されるプロペシアと成分も効能も全て一緒の正規品ですし、アメリカ版の医薬品は5,524円という料金で販売されているので是非試してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、薄毛を治療していくに当たってプロペシアの服用はかなり推奨されており、既に18万人を超える方が服用しているというデータがあります。

 

しかし、生活習慣の乱れによって症状が進行することも十分にあり得るので、医薬品の服用だけに頼るのではなく生活の見直しも同時に行うべきです。

 

例えば、偏食による食生活の乱れやパーマやヘアカラーによる頭皮へのダメージなどが薄毛の原因だと考えられており、その要因と遺伝的な要素が組み合わさることによって余計に症状は悪化していきます。

 

飲み過ぎや食べ過ぎによって薄毛が酷くなることもあるため、バランス良く栄養素を摂取していくことを心掛けなければなりませんし、頭皮のダメージを防ぐためにも過度の薬剤の使用は避けた方が良いでしょう。

 

生活習慣の改善にしてもプロペシアの服用にしても、今直ぐに始められる薄毛の対策なので、少しずつ自分の生活に馴染ませる努力を行うべきです。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ