プロペシアとテストステロン

MENU

プロペシアとテストステロンについて

抜け毛や薄毛といった加齢によって引き起こされる症状は、男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しており、酵素の5α-リダクターゼの働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで引き起こされます。

 

このサイトでご紹介しているプロペシアは、5α-リダクターゼを阻害するという効果があるため、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されにくくなり、結果的に薄毛を予防できるのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は髪の毛の原料となっている毛母細胞の働きを抑えるタンパク質を作る性質があり、プロペシアが男性型脱毛症に効き目があると考えられている大きな理由となっております。

 

何も男性ホルモンのテストステロン自体を減らすような医薬品ではないため、重大な副作用が引き起こされることはほとんどありません。

 

EDや精力減退といった副作用が騒がれているものの、男性ホルモンのテストステロンを減らすような作用は一切なく、5α-リダクターゼだけに働きかけてくれます。

 

アメリカの食品医薬品局では数十年前にプロペシアが認可されておりますし、日本でも2005年に厚生労働省によって認可されたため私たちも気軽に使用できるようになりました。

 

現在ではプロペシアといった医薬品を海外から輸入代行を行ってくる業者が数多く存在しており、その一つが当サイトでご紹介しているオオサカ堂です。

 

ここでは病院で処方される値段よりも安い価格でプロペシアを手に入れることができるので、インターネットから注文をしてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、テストステロン自体は髪の毛に悪影響を引き起こすことはないものの、DHTに変化すれば毛包の矮小化やヘアサイクルの短縮化が引き起こされます。

 

正常な人よりもヘアサイクルが短くなり、髪の毛が成長する前に頭皮から抜け落ちてしまうため抜け毛が増え、だんだんと薄毛が進行していくという仕組みです。

 

このDHTが産生されないように働きかけるプロペシアは理に適っておりますし、臨床試験で効果があると立証されているところも高い評価ができるのではないでしょうか。

 

しかし、男性ホルモンのテストステロンの分泌量を減らさないとしても、DHTは陰茎といった外性器発達に必要な物質でもあるため、精力減退といった副作用のリスクがあると考えられているのかもしれません。

 

理論上は性機能に関する何かしらの副作用は起こらないものの、医薬品である以上は何かしらの弊害があるので十分な知識を持ってプロペシアの服用を開始するようにしてください。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ