プロペシアと初期脱毛

MENU

プロペシアによる初期脱毛の原因について

プロペシアの服用によって今まで以上に髪の毛が抜ける初期脱毛という症状に悩まされている方は意外と多く、この原因は未だにはっきりと解明されておりません。

 

プロペシアの服用に限らずミノキシジルが含まれた育毛剤を使用した場合も初期脱毛が引き起こされやすく、AGA治療を始めてから1ヶ月程度経った後に抜け毛が以前にも増して増えます。

 

抜け毛の本数は自分で数えることはできないものの、とある調査では通常の状態で1日に70本から80本程度だったのにも関わらず、プロペシアの服用で400本以上まで抜け毛が増えたという報告もあるのです。

 

「薄毛を治したいのにプロペシアの服用で抜け毛が増えては何も意味がない」と考える方は多いでしょう。

 

しかし、男性型脱毛症によって髪の毛が抜け落ちる周期に異常が生じていた段階で服用し、プロペシアの効果によってそのサイクルが元に戻り、元々生えていた細くて薄い髪の毛が押し出されるのが原因ではないかと考えられております。

 

つまり、プロペシアが原因の初期脱毛は副作用ではなく、退行期に差し掛かった産毛のような髪の毛が抜け、強くて抜けにくい新しい髪の毛が生える準備ができたことを指しているのです。

 

プロペシアを服用して数週間から1ヶ月程度が経過し、抜け毛が極端に多くなるのは薄毛で悩む方にとって不安以外のなにものでもありませんが、薬が効いている証拠だと言えます。

 

初期脱毛が始まった患者さんほど、その後のプロペシアの効果を顕著に感じることが多いみたいなので、格安の料金で販売されているオオサカ堂でプロペシアを入手してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


プロペシアによる初期脱毛の確率について

プロペシアによる初期脱毛は服用している全ての方が引き起こすわけではなく、その確率の詳しいデータは出ていないものの、意外と抜け毛の多さを実感する方は多いようです。

 

上記でも軽く説明しましたが、プロペシアの効能によってDHTが生成されにくくなり、余分な頭皮の皮脂の分泌も抑えられて正常なヘアサイクルに導かれている証拠だと言えます。

 

どのような確率で引き起こされるにしても、初期脱毛が起こらない方は1年に渡ってプロペシアを服用しても飛躍的な改善は得られないと言われているので、恐ろしい副作用ではないのです。

 

プロペシアによる初期脱毛が副作用だと勘違いし、勝手な判断で医薬品の服用をやめると本来の効果が得られなくなるので、AGAの治療による好転反応だと頭に入れておきましょう。


プロペシアによる初期脱毛からの回復期間について

プロペシアによる初期脱毛からの回復期間には個人差があり、どの程度で抜け毛が少なくなるのか一概に説明することはできません。

 

そもそも、プロペシアの服用によって必ずしも初期脱毛が引き起こされるとは限らないので、回復期間に関して調べることはできないのです。

 

実際にこの医薬品を服用してAGAの治療を行っている方は、服用を開始してから10日間程度で抜け毛が一気に増え、その後10日間程度で回復したと答えておりました。

 

初期脱毛が起こってから7日間程度で改善されると回答している方もおり、数ヶ月間に渡って抜け毛が増えるわけではないので神経質になる必要はないはずです。

 

しかも、私たちは1日に100本程度の髪の毛が抜けており、プロペシアの服用による初期脱毛でも2倍から3倍程度に増えるだけとなっております。

 

見た目で一気に薄毛が進行しているように見えるわけではありませんし、育毛サイクルが正常化しているのは間違いないので、このままプロペシアの服用を続けてください。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ