プロペシアと男性ホルモン

MENU

プロペシアと男性ホルモンについて

プロペシアは5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制し、結果的に軟毛化を引き起こす男性ホルモンの一種のDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えてくれるため、男性型脱毛症の治療に役立つと言われております。

 

5αリダクターゼの抑制を促すのはプロペシアに含まれているフィナステリドと呼ばれる成分で、抜け毛の進行を抑えて長期間の服用によって少しずつ育毛効果も得られるのです。

 

もちろん、全ての薄毛の原因をカバーできるわけではないものの、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)による影響が強いため、プロペシアは実に効果的な医薬品だと説明できます。

 

この男性ホルモンに影響を与えるのは何も頭皮だけではなく、腕毛や胸毛といった体毛が少なくなったと感じる男性の方も少なくありません。

 

以前までは、プロペシアの服用によって男性ホルモンの分泌を抑制し、勃起不全といった副作用を引き起こすのではないかと懸念されておりました。

 

しかし、プロペシアは男性ホルモンの分泌量自体を抑えるのではなく、男性ホルモンが直接DHTに変わるのを防ぐだけなので、長期間の服用によって分泌量が減ることは絶対にないのです。

 

男性ホルモンの減少によって性機能関連症状や抗うつ感を中心とする精神症状、睡眠障害や身体の火照りといった身体症状を引き起こすものの、プロペシアの服用が引き金になることはないでしょう。

 

2005年には厚生労働省で認可された医薬品ですし、用法と用量を守っていれば大きな弊害なく男性型脱毛症の治療に役立てられるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアは医薬品とは言っても全ての方に効果が得られるわけではなく、服用し続けても毛髪に変化が生じないというケースは十分に考えられます。

 

もし、プロペシアの服用を1年間単位で続けていて回復度合いが進んでいないのであれば、他の方法で薄毛の対策を行うべきです。

 

中には、「男性ホルモンのDHTの抑制がされていないみたいだから服用量を増やそう」と考える方がいらっしゃいますが、1日に1錠と決められているので勝手に増やしてはいけません。

 

用法と用量を守って服用してこそ医薬品の効果を実感できるわけですし、量を自分の判断で増やしても比例した効果が得られるわけではないことを頭に入れておく必要があります。

 

もしかしたら、男性ホルモンの分泌に異常が来たされるかもしれないので、1日に1錠という量をしっかりと守ってください。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ