プロペシアと育毛

MENU

プロペシアと育毛について

飲む育毛剤と言われているのがプロペシアで、男性型脱毛症の進行を抑制する効果があるということで知られております。

 

最初は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬としてプロペシアは開発されたのですが、副作用として異常な発毛が見られ、育毛効果があるのではないかと研究が重ねられて現在に至るのです。

 

成人男性は個人差があるものの、年齢を重ねていくにつれてM字ハゲや頭頂部ハゲといった男性型脱毛症が引き起こされやすく、3人に1人が悩まされているというデータもあります。

 

一度男性型脱毛症が発症すれば自然と抑えられることはなく、抜け毛は増え続けて薄毛はどんどん進行していくため、それを食い止められるプロペシアの服用が治療の候補の一つになったのです。

 

プロペシアは脱毛ホルモンと呼ばれているジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制してくれるため、育毛に効果的だと考えられているのかもしれません。

 

プロペシアを服用した10人の全員が育毛効果を実感できるわけではありませんが、抜け毛や脱毛の予防に繋がるのは紛れもない事実なので、18万人から19万人の方が服用しているのです。

 

実際に、プロペシアの服用によって抜け毛が抑えられただけではなく、育毛効果を実感できた方はいらっしゃるので、男性型脱毛症の進行を遅らせるために利用する価値は十分にあります。

 

プロペシアによるAGAの治療は保険が適用されず、全額を自己負担しなければなりませんが、当サイトでご紹介しているオオサカ堂であれば病院で処方されるよりも安く手に入れることができるので是非購入してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、様々な育毛法や発毛マニュアルを試してきたのにも関わらず、思うような改善効果が得られないのであればプロペシアといった医薬品の処方も選択肢の一つの中に入れるべきです。

 

運動不足の解消や睡眠不足の克服といった生活習慣の改善だけでは、思うように育毛効果を上げることはできません。

 

その点、医薬品のプロペシアで男性ホルモンのテストステロンが酵素の影響で脱毛を引き起こすホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを防ぎ、同時にミノキシジルが含まれた育毛剤を使えばより効果は上がるはずです。

 

プロペシアの服用とミノキシジルの使用は、2010年の男性型脱毛症診療ガイドラインで最も上に位置するAランクだと発表されました。

 

クリニックでの人工毛植毛は行わないように勧められておりますし、ただ自宅で飲み続けるだけで良いという簡単なケア方法がプロペシアの人気の秘訣なのではないでしょうか。


 

「プロペシアのメリット」に関するページ