プロペシアの効果と禁煙

MENU

プロペシアの効果と禁煙について

禁煙

「禁煙をすればプロペシアの効果は上がるの?」という疑問を抱える方はいらっしゃいます。

 

確かに、タバコは髪の毛に悪いと言われており、薄毛の進行に繋がるとも言われているのでプロペシアの効果が得られなくなると考えるのは不思議ではありません。

 

しかし、禁煙をすればプロペシアの効果が上がるわけではなく、タバコ自体が髪の毛に良くない影響を与えるからこそ禁煙を始めた方が良いと考えられているのです。

 

ヘビースモーカーの方はあまり気にしたことはないかもしれませんが、喫煙によって血管の収縮を促し、頭皮の毛細血管に悪影響が加わります。

 

髪の毛は毛細血管を媒体にして酸素や栄養素を受け取り、細胞分裂を繰り返して一定のヘアサイクルを保っているので、血液循環を悪くする喫煙が良くないことは想像すればお分かり頂けるはずです。

 

人間の身体から栄養素が少なくなって栄養失調になれば痩せ細るのと同じように、髪の毛に運ばれる栄養素が少なくなればボリュームダウンが生じます。

 

正しいヘアサイクルの前に髪の毛が細くなって抜け落ちれば薄毛は進行するため、なるべく禁煙にチャレンジした方が良いと考えられているのです。

 

確かに、せっかくホルモンの一種のDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制してくれるプロペシアを服用していても、喫煙によって効果が得られなくなる可能性は十分にあるでしょう。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は身体に悪影響を与えるようなホルモンではなく、身体の成長や細胞の分泌の促進という働きを担っております。

 

とは言え、悪玉ホルモンとして働くことがあり、その一つが男性型脱毛症(AGA)で、頭皮の皮脂腺と結び付いて皮脂を過剰に分泌し毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げるのです。

 

その悪玉ホルモンの抑制ができるプロペシアは効果が高く、長く続けることによってある程度の変化を得られます。

 

しかし、喫煙が習慣化している方は、タバコを吸わない方と比べてDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌量が13%も多いということがアメリカのハーバード大学の調査結果によって明らかになりました。

 

DHTの分泌量が多くなればハゲるスピードは確実に増しますし、プロペシアの効果と相殺しているに過ぎない状況が出来上がるかもしれないので、禁煙を試みた方が良いのは紛れもない事実です。

 

禁煙すれば絶対に薄毛を予防できるわけではありませんが、薄毛の進行を食い止める結果にはなり得ますし、ニコチンやタールといった化学物質が身体に良い影響を与えるわけがないので禁煙にチャレンジしてみましょう。