プロペシアとザガーロの違い

MENU

プロペシアとザガーロの違いは何?

AGAの治療と聞くとプロペシアが最も有名な内服薬で、日本以外にも世界の男性に愛されています。

 

100%確実に髪の毛を生やせるわけではないものの、AGAの根本的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害することが分かり、現在では注目を集めました。

 

このプロペシアに変わる治療薬として2015年の9月28日に厚生労働省から承認を取得したのがザガーロで、浜松町第一クリニックやヘアメディカルといった医療機関で処方されています。

 

グラクソ・スミスクライン株式会社がザガーロを提供しており、プロペシアと同じように男性型脱毛症の治療に大きな効果を発揮するのです。

 

そこで、以下ではプロペシアとザガーロにどのような違いがあるのかまとめてみました。

 

 

  • プロペシアの有効成分がフィナステリドなのに対して、ザガーロの有効成分はデュタステリド
  • プロペシアがU型の5αリダクターゼに作用するのに対して、ザガーロはT型とU型の両方を阻害する
  • プロペシアは頭頂部にしか大きな効果を発揮しないのに対して、ザガーロは前頭部や生え際の薄毛にも効く
  • プロペシアの副作用のリスクが276例中11例と4.0%なのに対して、ザガーロは557例中95例と17.1%
  • プロペシアが円形状で薄い赤色のフィルムコーティング錠なのに対して、ザガーロは長楕円形の軟カプセル剤

 

 

上記のように、両方の5αリダクターゼを阻害できるザガーロの方が得られる効果は高いものの、その代わりに副作用のリスクが高くなっています。

 

どちらも前立腺肥大症の治療薬として使われていて服用を続けることでヘアサイクルの正常化を図れますが、勃起機能不全や性欲減退、精液量減少といった副作用のリスクが高いので、最初はプロペシアがおすすめです。

 

プロペシアを服用してAGA治療を始め、半年間程度様子を見て変化が見られないようならば病院を受診してザガーロを処方してもらってください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、効果の程度はプロペシアよりもザガーロの方が高いと考えられているものの、実際のところは服用して確かめてみなければ分かりません。

 

男性の体質によって得られる作用は大きく異なり、ザガーロの効き目がなくてプロペシアの方が効くというケースも少なからずあります。

 

そこで、「自分にはフィナステリドとデュタステリドのどちらが適しているのか?」という疑問を抱えている方は、AGAリスク遺伝子検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

限られた医療機関で受けられるAGA関連遺伝子の測定検査がAGAリスク遺伝子検査で、T型の5αリダクターゼの発現強度とU型の発現強度の両方を知ることができます。

 

つまり、どちらの数値が高いのか比較を行い、より効き目がある方を飲み続ければ短期間でAGAによる抜け毛や薄毛を克服できるのです。

 

当然のように遺伝子検査にはお金がかかり、2万円程度の費用を支払わなければなりませんが、将来のハゲを予防するためにも一度クリニックを受診して専門医の診察を受けてみてください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ