プロペシアとヴィトックスαの併用は大丈夫?

MENU

ヴィトックスαとはどんな商品?

ヴィトックスαの正式名称はヴィトックスα EXTRA Editionで、本場のアメリカで人気を獲得しているサプリメントです。

 

男性の大事な部分を大きくしたり精力のアップをサポートしたりといった効果を持ち、日本でもインターネット通販を利用して購入する男性は増えました。

 

しかも、ただアメリカから輸入して日本へと取り寄せただけではなく、日本人の体質に合わせてパワーアップしているのが特徴ですね。

 

ヴィトックスαが実際にどの程度の人気を誇るサプリメントなのか見ていきましょう。

 

 

  • 精力系のサプリメントの中でも4年間連続で売上ナンバーワンを記録している
  • シリーズ累計で50万個の販売実績を持っている
  • 利用者の満足度は96.5%と非常に高い
  • モンドセレクションを受賞している

 

 

「精力がアップするなんて怪しいのでは?」「飲むと身体に大きな負担が加わるのでは?」と不安を抱えている男性は少なくありません。

 

しかし、ヴィトックスαはあくまでもサプリメントですし、食べ物の中に入っている成分や栄養素がメインですので安心ですよ。


プロペシアとヴィトックスαを併用しても大丈夫なの?

ヴィトックスαとはどんな商品?

AGAの治療を始めている男性の中で、「内服薬のプロペシアとヴィトックスαを併用しても大丈夫なの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、「AGAを治療して若い頃の髪型を取り戻したい」「精力をアップさせて昔の元気な自分を取り戻したい」と考えた際に、プロペシアとヴィトックスαの両方を使いたいと考えるのは当然です。

 

結論から言うと、ヴィトックスαは健康補助食品に分類されるサプリメントですし、プロペシアは基本的に併用禁忌薬が指定されていませんので併用することはできます。

 

お互いに作用を打ち消し合ったり副作用のリスクが上がったりする心配はなく、併用によって次のメリットがあります。

 

 

  • プロペシアを服用すると悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が阻害される
  • ヘアサイクルの乱れを解消でき、抜け毛を減らしてAGAによる薄毛を克服できる
  • その代わりに性欲減退や男性機能の低下、精子量の減少などの副作用のリスクがある
  • サプリメントのヴィトックスαを摂取することで男性機能に関する弊害のリスクを低減する

 

 

プロペシアとヴィトックスαは両方とも男性ホルモンへと働きかけるため、「効果が打ち消し合ってしまう」と考えている男性は少なくありません。

 

しかし、ヴィトックスαはテストステロンへと働きかけて分泌を促したり活性化したりするのに対して、プロペシアは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)自体ではなく酵素の5αリダクターゼへと働きかける特徴があります。

 

つまり、身体への作用機序が大きく異なりますので、2つを併用してAGAの治療と精力アップの両方を促すことは十分に可能です。

 

サプリメントのヴィトックスα EXTRA Editionの中には、次の有効成分や栄養素が含まれていました。

 

 

  • 血管拡張作用で血液の流れを良くして巡りを促す「シルトリン」
  • 男性ホルモンのテストステロンを増やしてくれる「トンカットアリ」
  • ホルモンバランスを整えたり血流を促したりする「マカ」
  • 古くから男性の強壮や強精剤として知られる「アカガウクルア」
  • 滋養強壮や精力アップとして注目を集めている「ブラックジンジャー」
  • 成長ホルモンの分泌と深く関わっている「L-オルニチン塩酸塩」

 

 

これらの栄養素を体内へと取り入れて元気な状態をキープし、プロペシアの服用でAGAの治療を継続していれば性欲減退の副作用のリスクを抑えながら薄毛のコンプレックスを解消できます。

 

プロペシアは個人輸入代行サイトのオオサカ堂でネット通販のような形で購入できますので、AGAで悩んでいる男性はなるべく早めに治療を始めてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ