プロペシアとビタミン剤の併用は大丈夫?

MENU

プロペシアとビタミン剤の併用は大丈夫なの?

プロペシアを使ってAGA治療を行う男性の中で、「ビタミン剤との併用は大丈夫なの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

 

確かに、2種類の医薬品の飲み合わせにより、効果が下がったり副作用のリスクが高まったりという話は良く聞きます。

 

しかし、結論から言うとプロペシアとビタミン剤を一緒に飲んでも全く問題はなく、身体へと大きな弊害が加わることはないでしょう。

 

ビタミン剤は内服薬というよりも、身体に必要な栄養素のビタミンを詰め込んだ製剤となります。

 

 

  • 毎日の食生活が乱れていてビタミン類の摂取が不足している
  • インスタント食品やファーストフード食品ばかり食べている
  • 身体が疲れやすく倦怠感で悩むことが多い

 

 

こういった方にビタミン剤は非常に適しており、身体の内側から効率良く摂取できるのです。

 

水溶性のビタミンは私たちの体内で留めておくことはできず、食事やサプリメントなど何かしらの形で外部から摂取しなければなりません。

 

そのため、プロペシアを服用してAGAによる薄毛の治療を行っている男性でも、ビタミンが不足しているのであればビタミン剤を飲むのは選択肢の一つです。

 

AGAの治療薬として代表的なプロペシアは基本的に飲み合わせがNGな医薬品はなく、その理由を以下では幾つか挙げてみました。

 

 

  • 数々の臨床試験で薬物相互作用が問題なしだと証明されている
  • 世界60ヶ国で認可されているほど実績のある内服薬
  • 今のところは飲み合わせで危険な医薬品が見つかっていない

 

 

内服薬の中でも安全性はかなり高く、ビタミン剤以外にも頭痛薬や風邪薬と併用してもOKです。

 

いきなりAGA専門クリニックを受診して育毛メソセラピーを受けたり自毛植毛手術を受けたりして薄毛を改善するのはハードルが高いので、まずは個人輸入代行業者のオオサカ堂でプロペシアを購入し、自宅で抜け毛や薄毛の症状を和らげる対策を行ってみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


ビタミン剤は抜け毛の予防に効果的!

ビタミン剤はあくまでも健康補助食品なので、AGAの治療に結び付けることはできません。

 

しかし、ビタミンの中には髪の毛と深く関わる栄養素があり、抜け毛の予防や対策には効果的です。

 

 

  • 細胞へと働きかけて頭皮の健康を保つ働きを持つビタミンA
  • 皮脂の量をコントロールして頭皮環境を正常化するビタミンB2
  • 毛根に存在する毛母細胞の働きを活性化させるビタミンB6
  • 肉体的な疲労や精神的なストレスを和らげるビタミンC
  • タンパク質をエネルギーへと変える際にサポートするビオチン
  • 血液の流れを良くして毛母細胞へと栄養素を効率良く行き渡らせるビタミンE

 

 

上記のビタミンが髪の毛と深く関わっており、日常生活の中でバランス良く取り入れることで自然と身体の内側から抜け毛や薄毛の対策ができます。

 

太くて長い健康的な髪の毛を作るに当たり、タンパク質や亜鉛だけ摂取していれば良いという単純な話ではありません。

 

ありとあらゆる栄養素をバランス良く取り入れるのが秘訣で、プロペシアの効果を最大限に活かせるのです。

 

いくらプロペシアの摂取で抜け毛の抑制を図っていても、細くて弱い髪の毛ばかりでは意味がないので食生活が乱れている男性はビタミン剤を飲んでみましょう。

 

 

  • 1日に1粒を飲むだけで良い「ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル」
  • 8種類の必須アミノ酸も含まれている「アサヒ ディアナチュラ アミノマルチビタミン&ミネラル」
  • コンビニやドラッグストアでお求めやすい価格で購入できる「DHC マルチビタミン」
  • アスリートのために作られたサプリメントの「メガパワー マルチビタミン&ミネラル」

 

 

これらのビタミン剤が人気を得ているので、実店舗やインターネット通販で探して飲んでみてください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ