プロペシアとポラリスの併用による効果

MENU

ポラリスはミノキシジルを含む育毛剤!

ポラリスはミノキシジルを含む育毛剤!

ポラリスは血管拡張作用を持つミノキシジルが含まれた育毛剤&発毛剤です。

 

古くから人気の育毛剤で、現在では個人輸入代行サイトを使って簡単にポラリスを購入できるようになりました。

 

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの高い評価を獲得しているミノキシジルのお陰で、「血管を拡張する」⇒「栄養素を毛母細胞に行き渡らせる」⇒「高い発毛効果を得られる」という流れでAGAによる抜け毛や薄毛を克服できますよ。

 

ミノキシジル育毛剤のポラリスは、次のように複数種類のシリーズに分かれているのが特徴です。

 

 

  • リアップやロゲインと同じ5%のミノキシジルを含む「ポラリスNR-07」
  • 7%のミノキシジルと5%のアゼライン酸を含む「ポラリスNR-08」
  • 15%と高濃度のミノキシジルに加えて、「プロシアニジンB-2」「銅ペプチド」「アデノシン」「チモシンβ4」と豊富な成分で薄毛を改善できる「ポラリスNR-09」
  • ミノキシジルの含有量が16%と高濃度の「ポラリスNR-10」
  • Liposphere(リポスフィア)テクノロジーで有効成分を届きやすくしている「ポラリスNR-11」

 

 

既に販売が終了してしまったポラリスシリーズもありますが、他の育毛剤よりもミノキシジルの含有量が多くなっています。

 

ミノキシジルの含有量が多ければ多いほど高い血管拡張作用が得られますので、薄毛を克服できるまでの期間も当然のように短くなるでしょう。


プロペシアとポラリスの併用で得られる効果をまとめてみた

より効率良くAGAを治療したいのであれば、プロペシアだけではなくポラリスとの併用をおすすめします。

 

内服薬のプロペシアと外用薬のポラリスは、以下のように作用機序が異なりますので併用が可能ですね。

 

 

  • プロペシアはAGAの根本的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する
  • ポラリスはミノキシジルの効果で直接的な発毛を得られる

 

 

このページではプロペシアとポラリスの併用で得られる効果について詳しくまとめていますので、医薬品単体で薄毛を改善できなかった男性は参考にしてみてください。


抜け毛の予防と発毛効果の両方が期待できる

プロペシアとポラリスを併用した方が良いのは、抜け毛の予防と発毛効果の両方が期待できるからです。

 

プロペシアはAGAの治療における画期的な内服薬で、毎日1錠の服用でヘアサイクルを狂わせるDHT(ジヒドロテストステロン)を減らすことができます。

 

しかし、あくまでも抜け毛の予防が期待できる効果ですので、直接的な発毛効果を得ることはできません。

 

そこで、プロペシアを飲みながら育毛剤のポラリスを併用していれば、次の効果を得ることができます。

 

 

  • プロペシアの服用で少しずつヘアサイクルが整う
  • だんだんと抜け毛が引き起こされにくくなる
  • 同時にポラリスの塗布で髪の毛を太く長く伸ばせる

 

 

どちらか1つの医薬品を使ってAGA治療を行うよりも、プロペシアとポラリスを併用した方が劇的な改善を見込めるのではないでしょうか。

 

プロペシアはわざわざ病院やクリニックを受診して医師から処方を受けなくても、個人輸入代行サイトのオオサカ堂で格安の料金で購入できます。

 

プロペシアに加えてポラリスシリーズも取り扱っていますので、自宅で誰にも知られずにAGAの治療を始めたい男性はオオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


薄毛を回復できるまでの期間が短くなる

プロペシアとポラリスの併用によるAGA治療を継続していれば、薄毛を回復できるまでの期間が短くなります。

 

プロペシアを服用し、「半年間が経過しているのに髪の毛にはあまり変化がない」という男性は少なくありません。

 

これはプロペシアが不良品なのではなく、薄毛に効かないのは次の理由が考えられます。

 

 

  • AGAによる抜け毛や薄毛の症状があまりにも進行している
  • 毛母細胞が死滅していて髪の毛を生やす機能が失われている
  • プロペシアに含まれているフィナステリドが体質的に合わない
  • 正しい飲み方やタイミングで継続できていない

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑えられる効果が高いのは紛れもない事実でも、効かない医薬品を長期間に渡って飲み続けてもあまり意味がないので、短期間で薄毛を克服したいのであればポラリスを併用すべきですね。

 

どちらの医薬品も医学的に効果が立証されていますので、身体の内側と外側の両方からのケアを行っていきましょう。


プロペシアとポラリスを併用する上での注意点

どちらか単体でAGA治療を行うよりも、プロペシアとポラリスを併用した方が効果的です。

 

30代や40代と年齢を重ねて頭頂部や前頭部の薄毛の症状が進行している男性は、内服薬と外用薬を併用した方が良いでしょう。

 

しかし、2つの医薬品を服用してAGAの治療に取り組むに当たり、副作用のリスクが高くなるのが押さえておかないといけない注意点ですね。

 

プロペシアには男性機能の低下や性欲減退、ポラリスには頭皮のかぶれや炎症といった副作用があります。

 

この両方の副作用で悩まされる可能性があると、医薬品を使う前に心得ておかないといけません。

 

どちらも副作用の発症率は低いのですが、正しい飲み方や使い方でプロペシアとポラリスを続けてください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ