プロペシアとパキシル

MENU

プロペシアとパキシルについて

グラクソ・スミスクラインという製薬会社が製造しているのがパキシルで、うつ病やうつ状態の患者さんに処方される医薬品の一つとなっております。

 

このパキシルとプロペシアを併用しても良いかどうか、迷っている方はいらっしゃるかもしれません。

 

若い段階でAGA(男性型脱毛症)が進行し、見た目のイメージが悪くなってしまったという男性の中には、軽いうつ状態になる可能性も十分にあり得るのでパキシルが処方されることも珍しくはないはずです。

 

そして、その薄毛を改善するためにプロペシアを飲みたいということで、併用が可能かどうか気になるところだと思います。

 

育毛治療に使われているプロペシアは他の医薬品との飲み合わせで支障が生じることはなく、特に相互作用はないということで併用しても差し支えはないはずです。

 

うつ状態に陥って精神的なストレスが溜まれば、抜け毛の症状が今よりも更に加速するかもしれないので、両方の医薬品を服用してうつ症状と脱毛症状の改善を試みた方が良いでしょう。

 

プロペシアはホルモンに働きかけて今よりも抜け毛を減らして薄毛の進行を食い止めてくれますし、パキシルは脳の神経を刺激してセロトニンやアドレナリンといった物質を増やして精神活動を活発にしてくれます。

 

パキシルは医師の処方によって手に入れる形となり、プロペシアは当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂から入手可能です。

 

保険が適用されないということで大きな費用がかかるのではないかと不安を抱えている方はいらっしゃいますが、オオサカ堂では安い料金で提供されているので是非プロペシアをAGA(男性型脱毛症)の治療に役立ててみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、パキシルを中心とする抗うつ剤は何かしらの効果があらわれるまでに時間がかかるという特徴があり、自分の判断で服用を中止するとかえって治療が長引くことになります。

 

そのため、医師から指示された用法と用量をしっかりと守り、減量や増量をしないで食後に服用し続けなければならないのです。

 

塩酸ミルナシプラン製剤やミルタザピン製剤といった幾つかの種類に分けられているものの、どれも過敏症状を中心とする副作用が引き起こされることがあります。

 

それに、パキシルに加えてプロペシアを服用した場合、相互作用はなくても胃に大きな負担がかかるかもしれないので、事前に併用しても大丈夫かどうか医師に相談した方が良いかもしれません。

 

本格的なうつ病を患うと治りにくいことは間違いないですし、日常生活に支障を来たすケースも十分にあるので注意してください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ