プロペシアと塗り薬

MENU

プロペシアと塗り薬について

プロペシアは内服薬のみの販売となっており、タブレットタイプと塗り薬タイプの2種類が存在するミノキシジルとは大きく異なります。

 

確かに、内服薬を経口摂取するよりも塗り薬の方が直接頭皮に浸透し、大きな効果を得られるのではないかと考える方はいらっしゃるかもしれません。

 

プロペシアの塗り薬バージョンが出ない理由はメーカーの裁量となっており、製造しているメルク社ではAGA(男性型脱毛症)の塗り薬の開発は一切行っていないのです。

 

頭皮に塗るタイプよりも内服する方が気軽に利用できるとメルク社では考えており、これがプロペシアの塗り薬が登場しない大きな理由となっております。

 

「内服薬こそが究極の剤形」とも強調しており、いかに内服薬のプロペシアの効果が高いかお分かり頂けるはずです。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療を行うためには継続してプロペシアを服用しなければならないものの、酵素の5α-リダクターゼの働きを抑えて脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防いでくれます。

 

男性ホルモン自体を減らすような医薬品ではなく、そのホルモンに働きかけている酵素を抑制するだけなので、プロペシアは他の医薬品と比べても副作用が少ないのです。

 

このサイトでは、プロペシアを販売しているオオサカ堂をご紹介しており、1箱28錠の医薬品が5,500円という料金なので病院で処方されるよりも遥かに安くなっております。

 

通販で気軽に購入できるところもありがたいので、オオサカ堂を利用してプロペシアを入手し、薄毛の治療を促進してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、内服薬のプロペシアだけでは薄毛の改善効果が得られないのであれば、ミノキシジルといった塗り薬を併用するのは一つの選択肢となっております。

 

日本の臨床試験の結果では98%の方に効果があったと言われているものの、1年間に渡ってプロペシアを服用した方の58%が改善され、40%が不変だったのは事実です。

 

もちろん、薄毛で悩む方にとって症状の進行を食い止められるのは何よりもありがたいのですが、育毛を促進する効果に関しては少々弱いので、その効果を促すために塗り薬を併用するのが良いでしょう。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療でプロペシアと同じくらい支持されているのがミノキシジルで、塗り薬タイプの方が一般的に普及しております。

 

ミノキシジルが含まれた製品は幾つも販売されているので一概には言えないものの、頭皮の血行を促して発毛の促進に繋がるのです。

 

つまり、プロペシアの服用で抜け毛が増えないように現状維持し、ミノキシジルの塗り薬で発毛効果を促せば短期間で変化を得られるかもしれないので、是非試してみてください。

 

 

 

 


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ