プロペシアとロキソニン

MENU

プロペシアとロキソニンの飲み合わせについて

プロペシアは1日に1錠を服用しなければならないと決まっており、毎日服用を続けることで男性ホルモンを抑制して抜け毛の発生を食い止めてくれます。

 

そのため、プロペシアで薄毛治療を行っている間に体調が悪くなり、他の薬を服用するケースは珍しくないので、飲み合わせで問題がないのか不安になるはずです。

 

基本的に、プロペシアは併用禁怠薬が指定されておらず、消炎鎮痛剤のロキソニンとの併用は可能となっております。

 

鎮痛作用や解熱効果を持ち合わせていることでロキソニンは有名で、テレビのコマーシャルでも流れているので服用したことのある方は多いのではないでしょうか。

 

プロペシアとロキソニンの飲み合わせで効果が著しく下がったり、副作用のリスクが上がったりすることはないため、併用することはできます。

 

プロペシアは長期間に渡って服用していく医薬品の一つで、その間に頭痛や風邪といった症状に悩まされることはあるので、ロキソニンのお世話になるケースも少なくありません。

 

そんな時でも、プロペシアでAGAの対策を続けながら、ロキソニンを服用して引き起こされている不快な症状を和らげることができるのです。

 

ロキソニンはかつては医師の処方でしか入手できなかったものの、現在ではスイッチOTCとして一般薬に変更され、ドラッグストアでも購入できるようになりました。

 

特に重大な副作用は引き起こされないと言われているので、用法と用量に注意して服用していれば安全です。

 

ただし、いくらプロペシアとロキソニンの飲み合わせが問題なかったとしても、2種類の内服薬を同時に服用することで胃や肝臓に大きな負担がかかる可能性があります。

 

若者であれば引き起こされる影響は小さいとしても、年齢を重ねた男性の方にとっては負担がそれなりに大きいので、プロペシアとロキソニンを併用する場合はできる限り時間帯をずらすようにしましょう。

 

2つの錠剤をまとめて服用するのではなく、3時間から4時間程度ずらせば身体への負担は抑えられますし、内臓にダメージが加わることは絶対にないはずです。

 

もちろん、これは解熱鎮痛薬のロキソニンに限った話ではなく、他の風邪薬や頭痛薬にも該当します。

 

以上のように、プロペシアを服用しながら他の薬を飲むことは十分にできますし、服用する時間帯だけに注意しておけば良いのです。

 

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂であれば、格安の料金でプロペシアを入手できるので、まずは公式サイトにアクセスしてみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ