プロペシアと育毛剤

MENU

プロペシアと育毛剤について

飲む育毛剤として高い支持を得ているのがプロペシアで、フィナステリドという成分が体内から働きかけて薄毛を予防したり改善したりしてくれます。

 

1.0mgのプロペシアを1年間に渡って服用し、男性型脱毛症(AGA)で悩む方の98%が抜け毛の予防や薄毛の改善が見られたということで、多くの方がこの飲む育毛剤を利用しているのです。

 

育毛剤と聞くと頭皮に直接塗布するタイプの製品を思い浮かべる方が多く、ミノキシジルといった成分が含まれた製品が該当します。

 

「飲む育毛剤と塗る育毛剤のどちらが良いの?」という話題で議論がなされるものの、得られる作用が異なりますし、両方を併用するのが最適だと考えられているのです。

 

プロペシアだけの服用では現状維持にしかならないという方は体質的にいらっしゃるので、塗るタイプの育毛剤を使って発毛を促進すれば現状を大きく打開できるかもしれません。

 

もちろん、育毛剤を使用したからといってみるみるうちに髪の毛が生えてくるわけではなく、血行を促進して発毛サイクルを正常に戻し、髪の毛の生え方を変えたり抜け毛を防いだりしてくれるのです。

 

髪の毛の生える周期が正常になるまでには早くて6ヶ月程度、遅くて1年間はかかるため、塗る育毛剤を使う際も根気が必要だと説明できます。

 

その際にプロペシアを服用していれば薄毛が進行して塗るタイプの育毛剤の効果が相殺される心配はないため、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でこの医薬品を購入してみましょう。

 

単品での効果もそれなりに高く、何よりも1日1粒を飲むだけという簡単なケアで済むところが大きなメリットなので、約5,500円という安い料金で販売されているオオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 

さて、コマーシャルで紹介されたこともあって、スカルプDといった育毛シャンプーを使用したことのある方はいらっしゃるはずです。

 

スカルプDの中には痒みを防いで頭皮を清潔に保つピロクトンオラミンや、抗炎症剤のグリチルリチン酸2K、古い角質を取り除くサリチル酸といった成分が含まれております。

 

これらの成分で頭皮や髪の毛を清潔な状態で保ち、抜け毛の予防に繋がるというシャンプーなので、スカルプDだけでは大きな育毛効果を得ることはできません。

 

それに、プロペシアのような高い現状維持効果を得られるわけではありませんし、育毛シャンプーを使用するくらいであれば育毛剤を使った方が遥かにマシです。

 

どちらも副作用があるので使い方には注意しなければならないものの、化粧品の一種であるシャンプーを使用するよりかは大きな変化が得られます。

 

塗る育毛剤と一口に言っても様々な製品が登場しているので、自分なりに比較をして効果が得られそうなものを実際に使ってみましょう。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ