プロペシアとエフペシア

MENU

プロペシアとエフペシアについて

同じAGA(男性型脱毛症)の治療法として、プロペシアとエフペシアは一緒にされることが多いのですが、違いはきちんと存在します。

 

そもそも、エフペシアとはプロペシアのジェネリック医薬品のことを指し、含まれている成分は同じでも作っている会社が異なるのです。

 

飲むジェネリック医薬品を多数販売しているインドのシプラ社がエフペシアを作っており、プロペシアと同じようにフィナステリドがこの中には含まれております。

 

主成分のフィナステリドが体内に取り込まれることにより、脱毛を引き起こすDHTの産生を抑えてくれるので結果的に抜け毛を抑制してAGA(男性型脱毛症)の治療に繋がるのです。

 

正規品のプロペシアを続けていく場合、医師の処方を受ければ1ヶ月当たり9,000円から10,000円程度のお金がかかりますし、個人輸入代行業者を利用しても5,500円は支払わなければなりません。

 

その点、エフペシアであれば100錠で約3,700円と想像以上に安い料金で購入でき、1錠当たり約250円のプロペシアと比較して相当安いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

フィナステリドが抜け毛の抑制に効果的なのか日本でも臨床試験が行われましたし、エフペシアの中にもこの成分がきちんと含まれているのでAGAの治療の促進に繋がります。

 

プロペシアのジェネリック医薬品であるエフペシアは、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂で入手が可能です。

 

オオサカ堂では100錠で1箱のエフペシアが約2,400円という格安の料金で販売されているので、インターネットを利用して注文してみてください。

 

 

 

 

さて、「プロペシアとジェネリック医薬品は本当に同じなのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

料金が異なるだけで含まれている成分は一緒ですし、単純に考えればエフペシアを服用した方が圧倒的にコストを抑えられるのです。

 

飲む育毛剤による治療は想像以上に長い時間がかかりますし、毎日飲み続けなければならないということで医師の処方でプロペシアを入手するとなると高い費用がかかります。

 

しかも、病気ではないのに定期的に病院へと足を運ばなければならないということで、エフペシアといったジェネリック医薬品が人気を得ているのかもしれません。

 

エフペシアの副作用は主に男性機能の低下ですが、これはプロペシアを服用した際も同じように言えますし、比較的安全な医薬品ということで安心してAGAの治療を進めていくことができます。

 

抜け毛を抑えてAGAの進行を維持するのが大きな役割ですが、外用薬のミノキシジルを使えばガンガン発毛できるかもしれないので、まずはエフペシアを手に入れてみるべきです。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ