プロペシアとフィンペシア

MENU

プロペシアとフィンペシアの効果の違いについて

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として販売されており、個人輸入代行業者を利用することで手に入れることができます。

 

「プロペシアとフィンペシアの効果に違いはないの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

これはフィンペシアに限った話ではなく、プロペシアのジェネリック医薬品にフィナステリドが含まれていることには違いはないので、得られる効果は一緒だと考えられております。

 

プロペシアは保険適用外で続けるにはかなりのコストがかかるということで、安い価格で販売されているフィンペシア(Finpecia)が非常に高い人気を誇っているのです。

 

プロペシアを病院で処方してもらう場合は1ヶ月で10,000円程度の費用がかかるものの、個人輸入代行業者を利用してフィンペシアを手に入れれば、1箱100錠で約3,000円なので1ヶ月に換算すると1,000円程度で済みます。

 

今現在、AGA(男性型脱毛症)は病気の一つとして認められておりますが、生命活動に支障を来たすような疾患ではないということで、保険が適用されないのです。

 

製造されている国や工場が異なるだけで、プロペシアとフィンペシアの効果に大きな違いはないため、コストを抑えるために後者を利用するのは選択肢の一つかもしれません。

 

もちろん、フィナステリドが含まれた医薬品に限らず、その人の薄毛の状態が回復したからといって自分にも同じ効果が得られるわけではないということを頭に入れておくべきです。

 

フィンペシアは当サイトでご紹介しているオオサカ堂でも取り扱っており、インドのCipla社が開発したこの製品は1箱100錠で約3,090円となっております。

 

為替レートの関係上、日によって価格に微妙な違いが生じるかもしれないので、実際にオオサカ堂の公式サイトにアクセスして確かめてみてください。

 

 

 

 

さて、フィンペシアはプロペシアと同じようにフィナステリドを有効成分とする医薬品で、特許内容に基づいて作られているので効果に大きな違いはありません。

 

しかし、フィンペシアにはキノリンイエローというコーティング剤が使われており、発がん性の疑いがかけられているということで使用が懸念されておりました。

 

海外ではキノリンイエローが食品の中に添加物として使用されているものの、日本では食品の使用は認められていないのです。

 

基本的に同じ成分が含まれている医薬品だとしても、副作用のリスクを高めるようなキノリンイエローが使われているということで、フィンペシアではなく正規品のプロペシアを服用する方が多いのではないでしょうか。

 

とは言え、上記でご紹介したオオサカ堂は、着色剤のキノリンイエローが配合されていないフィンペシアを取り扱っており、安心して服用することができます。

 

「キノリンイエローフリーを保証します」と公式サイトでは記載されておりますし、FDA(米国食品医薬品局)で認められているフィナステリドが含まれている点では一緒です。

 

どちらの薬も髪の毛を増やす対策のサポートを行ってくれるはずなので、オオサカ堂を利用してみてください。


 

「プロペシアと他の薬」に関するページ